フォトアルバム

ブログパーツ

  • ウェザーニュース
  • BMW BLOG RING
    BMW BLOG RING
    [前へ]  [次へ]
    BMW BLOG RING  [Random] 

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

2016年11月13日 (日)

これが、eoblog最後の書き込み

eoblogも来年の3月31日を持ってサービス終了なので、引っ越しを行った。

とりあえず、今後の記事は『はてなブログ』で  Rider Hide の No Guts, No Glory として出発しました。

ここに書いてあった記事は、全ての記事が問題なく引っ越すことができた seesaa.blog で、従来通りのタイトル HideのRider's日記 として持っていきました。

どちらのブログサービスが良いのか気になる所ですが、まぁ暫くはこんな感じにしておきます。

こんな拙いブログでも、1日平均約56の閲覧していただけたようです。引き続きよろしくお願いします。

2005年9月25日が初投稿(当時は関西ドットコムの記事)から始まって、この書き込みを含めて、1,627の駄文による記事もこれを持って終了です。

お世話になりました (@^^)/~~~ 

2016年11月 6日 (日)

山辺の道を散策

一昨日(11/4)の記録です。休暇を取って奈良の『山辺の道(南コース)』を妻と一緒に散策してきました。

南コースは天理駅~桜井駅の約16kmなのですが、さすがに全部歩くと疲れるだろうから近鉄電車で桜井駅へ行って、JRで一駅だけ北上して三輪駅から歩き始めました。

初めて来ましたが、神社や天皇陵を見ながら、野菜などの無人販売をチェックしたりしてノンビリ歩き、天理までは行かずに一つ手前の長柄駅で終了にしました。それでも 11.6kmあった。いやぁ~久々によく歩いた。

妻から「こんなに歩くの?」と文句が出るかと思いましたが、さほどアップダウンもなく、色々と見るものもあって楽しめたようです。

2016-11-04_101533-_Canon EOS 7D Mark II-7D2_6319_s 2016-11-04_102122-_Canon EOS 7D Mark II-7D2_6323_s 2016-11-04_102624-_DSC-RX100M3-DSC04714_s 2016-11-04_101438-_Canon EOS 7D Mark II-7D2_6318_s
まずは、大神神社です。

2016-11-04_105332-_DSC-RX100M3-DSC04720_s 2016-11-04_105756-_DSC-RX100M3-DSC04721_s 2016-11-04_110223-_SO-01F-DSC_0543_s 2016-11-04_110552-_DSC-RX100M3-DSC04724_s
えっ、本当にこの道?と思うほどの細いところもありますが、道しるべがあって迷うことは殆どなし。
散策の記録をすることも兼ねて、ガーミンも持っていきましたけどね。スマホのマップでも大丈夫なのですが、電池切れが心配ですし。

2016-11-04_111529-_Canon EOS 7D Mark II-7D2_6334_s 2016-11-04_112201-_DSC-RX100M3-DSC04732_s 2016-11-04_113615-_Canon EOS 7D Mark II-7D2_6343_s 2016-11-04_113648-_Canon EOS 7D Mark II-7D2_6346_s
2016-11-04_113759-_Canon EOS 7D Mark II-7D2_6351_s 2016-11-04_113852-_Canon EOS 7D Mark II-7D2_6355_s 2016-11-04_134904-_Canon EOS 7D Mark II-7D2_6370_s 2016-11-04_135216-_Canon EOS 7D Mark II-7D2_6377_s
静かな自然の中をノンビリ歩くのも良いですね。

2016-11-04_124455-_Canon EOS 7D Mark II-7D2_6357_s 2016-11-04_125132-_Canon EOS 7D Mark II-7D2_6361_s 2016-11-04_125152-_Canon EOS 7D Mark II-7D2_6362_s 2016-11-04_130421-_DSC-RX100M3-DSC04737_s
あちこちに無人販売があって、買わずに見て回るだけでも楽しい。ミカンや柿の産地だったんだ。知らなかったなぁ~。

和風コーヒーが美味しかった『卑弥呼庵 』は良かったな。縁側でしばらく昼寝したいほどでした。

2016-11-04_135804-_Canon EOS 7D Mark II-7D2_6381_s 2016-11-04_141226-_DSC-RX100M3-DSC04740_s 2016-11-04_141235-_DSC-RX100M3-DSC04741_s
一番真面目に?お願いしたのは、最後の方で見かけた『舟渡地蔵(腰痛治しのお地蔵さん)』だったことは内緒にしておこう(^^;




青空で、風もなく、寒からず暑からず、散策には文句なしの1日でした。
今回だけではコース全体を歩けていないので、また機会を見つけて天理から南下しようっと。

次は食べ損ねた"三輪そうめん(にゅうめん)"を食べるぞ!!(笑)

和田 竜(著) 『村上海賊の娘』読了

book20161106もう読み終えて2週間くらい経っているが、今頃になって記録を残す暇が?できた。(休みの日は色々遊ぶことがあって、忙しいからなぁ)

単行本の頃から文庫本が出たら読みたいなぁ~と思っていた本です。 だって、村上海賊と言えば、今ではサイクリストの聖地と呼ばれる『しまなみ海道』が本拠地であり、私も自転車で3回走りに来ている。
2度目のライドでは、今回の基になっている『村上水軍博物館』へ立ち寄ってますからねぇ~

その割に文庫本になってすぐ買っていないのは何故だって?突っ込まれても困るが(^^;

単行本は上・下の2巻だが、文庫本は4巻ものになっているから通勤カバンの中で邪魔にならない厚さが嬉しい。

いやぁ~面白かった。最初に2巻購入して読み始めたら・・・「これはいかん!すぐに残りの2巻を買わないと、あっという間に読み切ってしまう」と思ったほど、読み始めたら"かっぱえびせん状態(やめられない、とまらない)"に陥ってしまった(笑)

第四巻にある山内譲さんの解説によると、登場人物の殆どが実在の人物(多少、面白くするために誇張してあるのだろうが)であり、全体的な話の流れも史実に合わせてあることを知った。
ただし、主人公である村上景(能島村上家の当主、村上武吉の娘)は、残念ながら実在しないようだが、武吉に娘がいたことが記された資料が見つかったことによってこの作品が生まれたという。

史実にもとづく展開もあったので、一段と興味を持って読んだのかも知れない。 ちょくちょく昼休みの散歩で行く、"西本願寺"と"東本願寺"が分かれている経緯も終章で初めて(覚えていないだけか?)知ったし、歴史の勉強にもなった。

なんと言っても戦いの描写が凄く、どんどん引き込まれてしまった。特に景と眞鍋七五三兵衛の死闘は読んでいても手に汗握る感じ。
やっつけたと思った七五三兵衛がまだ襲ってくるところなど、第一作のターミネーターでシュワちゃんが演じたT-800を思い出してしまった。とするとそれに戦う景はサラ・コナーか?

いや、景は醜女で身の丈六尺、しかも相当強い女なのだから、サラ・コナーよりも霊長類最強の女をイメージするべきか?(笑)
もっとも、景の醜女というのは見る人によっては違うようだし、本当は綺麗なのかも。

最後は児玉就英に輿入れして、めでたし・めでたしとなるのか?と思ったが、それだと史実と異なってしまうから仕方がないな(笑)

大坂本願寺や木津川河口から、明石海峡に浮かぶ船の数が判るほど見えたかどうかはちょっと疑問だが、今の時代と違って夜は真っ暗だからかがり火はよく見えたかも知れない。

これをドラマか映画化して欲しいな。もちろん、一向宗の信徒である源爺や留吉もよい味出しているので、ちゃんと入れてね。彼らは実在しなかっただろうが、もしかしたら似た者がいたかも知れないし 。

あぁ、もう一度"しまなみ海道"へ行きくなってきた。春になったらRTでひとっ走りするか。久しぶりに『伯方の塩ラーメン』も食べたいし・・・なんで自転車じゃないのだ?って言われるか(笑)

2016年11月 5日 (土)

熊川宿、マキノ高原温泉ツーリング

久しぶりに仕事仲間6人でのマスツーリングに行ってきた。
桂川PAに7:45集合なので朝は冷えるだろうと予想し、電熱ベストを着て行ったが、風があまり当たらないRTではスイッチを入れるほど寒くはありませんでした。

2016-11-05_072916-_DSC-RX100M3-DSC04742_sここで待ち合わせる5人の内4名はちゃんと集まったが、予想通り、Y氏が遅刻で8時出発は最初から遅延。 もっとも、そんなことは慣れっこの想定内ではある(笑)

もっと遅れるだろうと覚悟していたが、意外と早い?8:10頃に東へ向けて出発。
八日市ICで下りて、東方面から来るK氏との待ち合わせ場所である「能登川水車とカヌーランド」へ向かう。

2016-11-05_093352-_DSC-RX100M3-DSC04751_s6人揃ったので、出発・・・と行きたいところだが、折角なので水車を見たりしてた(笑)

9:45頃に6台で出発。 気温も徐々にではあるが上がってきて、文句なしの青空でツーリング日和になってきた。
今回のマシンは私がBMW、Y氏がハーレー、そしてkawasakiが4台。 一旦、琵琶湖大橋まで南下する。

2016-11-05_112045-_SO-01F-DSC_0549_s  鯖街道を快走して11時に『道の駅くつき新本陣』へ到着。一息入れて、目的地の熊川宿へ向かう。

2016-11-05_121347-_DSC-RX100M3-DSC04763_s 2016-11-05_121354-_DSC-RX100M3-DSC04764_s 2016-11-05_121538-_DSC-RX100M3-DSC04765_s 2016-11-05_122304-_DSC-RX100M3-DSC04767_s
予定通り12時に到着し早速、昼食にする。ちょいと高いが、折角なので地物の「鯖寿司」と「焼鯖寿司」を1本づつ注文して6人でシェアする。やっぱり、自家製の鯖寿司は美味いなぁ。

2016-11-05_125956-_DSC-RX100M3-DSC04771_s 2016-11-05_130029-_DSC-RX100M3-DSC04774_s 2016-11-05_130042-_DSC-RX100M3-DSC04775_s pencil_sketch_1478338950233_s
私は仕事でも時々来る所なんだが、熊川宿からすぐ近くにある『河内川ダム建設現場』を見に来た。 記念写真はスケッチ調にしておこう(^^;

2016-11-05_143427-_DSC-RX100M3-DSC04784_s 2016-11-05_145026-_DSC-RX100M3-DSC04787_s pencil_sketch_1478346078522_s
「マキノ高原温泉さらさ」へ向かい、温泉で癒やします。風呂上がりはソフトを食べてノンビリする。 これも記念写真はスケッチ調で(^^;


2016-11-05_164109-_DSC-RX100M3-DSC04790_s予定では琵琶湖の東へ回ろうかと思っていたが、ノンビリしすぎたので湖西道路で帰阪することに。

途中、1名は東方面へ帰るため別れ、もう1名は「道の駅 びわ湖大橋米プラザ]へ寄るとのことで最後は4台で南下して、京都東ICから高速に乗って、桂川PAで最後の休憩して解散する。


予定を変えたから、ギリギリではあるが陽があって、寒くなる前に帰宅できた。 本日の走行距離:約340km

2016年11月 4日 (金)

網干から赤穂ポタリング

昨日(11/3)の記録です。eoblogが終わっていくので引っ越し先を決めなくてはと思いながらも記事が溜まっていく(^^;
読み終えた本の記録も書かねばと思っているのに・・・

そんな話はさておき、昨日の記事ですが、『天気も良いので、久々に輪行してポタリングしてくる』と妻の了解を得て(自分で決めたことを一方的に伝えているだけと言う話もある・・・?)朝から、出かけました。

本当は湖西線の堅田まで輪行して鯖街道のアップダウンを軽く流したかったのですが、前夜まで待っても北上すると天気が今ひとつ悪そうなので、急きょ、播磨方面を走ることにした。

毎年、牡蠣の買い出しで行くところなのですが、軽いアップダウンもあって天気が良ければ自転車で走っても気持ちよさそうなコースだなぁ。一度走りに来たいなぁ。と思っていたところです。


DSC04594_s自宅を7時に出ましたがさすがに冷えるので、一番近い"北伊丹駅"から輪行することにした。
久々の輪行なので、袋詰めの出来栄えが今ひとつでバランスが悪くて自立してくれない。
スプロケットカバーも入っていなかったし・・・あぁ情けない。チェック不足だな(^^;


尼崎で乗り換えた新快速の車両は、運悪く2名の輪行者や大きな荷物を持った運動部らしき女子生徒が数名乗っていて狭い場所になってしまい、他のお客さんに恐縮しながら立っていました。

それでも、三宮辺りを過ぎれば徐々に空いてきて、輪行バックを邪魔にならないところに結びつけて座ることができました。


DSC04597_s9:20頃に網干に到着後、自転車を組立てポタリング開始です。揖保川に出るまではガーミンのナビに頼りましたが、後は川沿いに南下しR250へ出ます。
 
ここからは勝手知ったる道(と言うより一本道)なので西へ。


DSC04599_s DSC04605_s DSC04603_s
折角なので、世界の梅公園へ上がることにした。以前、車で来たときはもう少し、坂がきつかったような記憶だったが、こんなものだったっけ?と残念(^^;

大した勾配では無かったと言えども、途中でマイクロバスに抜かれた。そして頂上へ着いたら、そのバスから降りてきた、おばちゃん(おばあちゃん?)に背後から「えぇ~、もう上ってきたの?。途中止まらずに上ってきたの"?ボク"」って言われ、「ボクって年じゃないけど、途中で止まってませんよ」と言うの同時に「あれぇ~"ボク"じゃ無かった」って笑っていた。

ヘルメットとサングラス、サイクルウエアの後ろ姿だったら、オレもまだボクで通じるんだなぁ~と、ニンマリ納得して下ります(笑)

DSC04611_s DSC04608_s DSC04612_s DSC04613_s
「道の駅みつ」で写真だけ撮って、先へ進み、まだ11時を少し回ったところでしたが、おなじみ『堀市』で昼食を済ませることにした。
まだ、牡蠣シーズンじゃないのでワタリガニの味噌汁にしたが、美味かった(^^;

DSC04620_s DSC04623_s DSC04628_s
2016-11-03_123103-_SO-01F-DSC_0528_s DSC04643_s DSC04653_s DSC04659_s
相生火力発電所の前を通って、坂越でソフトを食べようかとも思ったが、ちょっと気温が低いのでパスして赤穂へ。


DSC04663_s DSC04667_s DSC04675_s DSC04691_s DSC04701_s
DSC04681_s DSC04679_s DSC04685_s DSC04671_s DSC04707_s
時間が中途半端になってしまったが、風もそれなりに出てきて気温も下がり気味なので"播州赤穂駅"から輪行して帰ることにした。




本日の走行距離:約50km
いつもの妙見山より距離は短いくらいだし、勾配も大したことなかったので楽勝でしたが、いつもと違うところを走るのは楽しいな。

この辺りまで来るには輪行に頼ることになるが、時間が掛かるのが玉に瑕か。

2016年11月 1日 (火)

何処へ引っ越すか。

eoblogが来年3月31日(金)15:00をもってサービスを終了するってメールが届いていた。

メールの中にあった「eoblogサービスの品質向上を念頭に、これまでさまざまな検討を重ねてまいりましたが・・・」って本当?

「長らくご利用いただきましたお客さまに感謝を申し上げますとともに、
サービス終了に伴いご迷惑をおかけいたしますことを、深くお詫び申し上げます」だって。正直言って、ほんと迷惑だぁ~。

大して読まれないブログなんか止めたら・・・ってことも思うが、関西ドットコムの頃の記事も含めて、2005年9月25日から駄文の記事が1600以上あるものアーカイブして、性懲りもなくどこかへ引っ越そうと思う。

だけど、あ~ぁ、めんどくさ(笑)

2016年10月30日 (日)

九度山タンデムツーリング

昨日の木枯らしと違って、今日は風も弱くて天気も良さそうな予報だったので、今週もRTでタンデムツーリングに出かけた。

「梅ぼしが無くなったので買いに行こう」って話になって、ここ数年、我が家は"梅干し=南高梅"ってことになっているから、行き先は和歌山南部か?・・・ってことなんだが、折角なので大河ドラマ『真田丸』で有名になっている九度山へ行ってみみることにした。

南高梅の本場へ行くにはもっと南下すべきだが、まぁ売っているだろうという軽い考えです(笑)

朝7時30分ことに出発した。朝は冷えることを予想し、二人ともオーバーパンツを掃いて、さらに妻は電熱ベストの完全防備(^^;

DSC04512_s阪神高速から阪和道に入って岸和田SAで小休止。完全防備と言ってもそれなりに冷えるのでトイレ休憩です(^^;

泉南ICで阪和道を下りて、県道63号から京奈和道で高野口へ。なんと言っても京奈和道は無料で良いね。
 

DSC04518_s DSC04514_DxOVP_s DSC04517_s

道の駅「柿の郷くどやま」に到着した頃には気温も上がって暖かい。冬用のインナーを着て歩くと暑いくらいだ。
それにしても、思っていたた以上に観光客が多くてビックリ。RTだから駐車も問題なかったが、早い時間から満車なんだね。

団体さんで混んでいるが折角なので、九度山真田ミュージアムへ。

DSC04532_s DSC04533_s DSC04534_s DSC04535_s
DSC04524_DxOVP_s_s-side_s あちこちに真田丸のポスターが貼ってあったが、これをブログに載せるのも著作権の問題有りになるのかなぁ~? 念のため、控えめのサイズにしておくか・・・って意味ないか?

DSC04537_s風もなく、気持ちのよい天気だから、「柿の葉寿司」と「ずんだ餅」を買って、芝生の上に座って昼食とした。


当初の目的の「梅干し」もあったので、二つ買って帰ることにした。

まだ、13時を少し回ったくらいなので早いが、まぁいいか・・・ってことで来たルートで戻ります。

DSC04547_s-side_sそうは言っても、時間があるので阪和道から阪神高速には乗らずに、近畿道を使って箕面のダンケへ寄ってお茶することにした。
ハロウィーンのクッキーとバターブレンドでゆっくりさせてもらったので、家に着いたのは結局17時過ぎだった(^^;

本日の走行距離:244km さすがに短めだな。

2016年10月29日 (土)

木枯らし1号に負けず、有馬街道ライド

2016-10-29_132127-_XQ2-DSCF2802_sしばらく?自転車に乗っていなかったので、風が強そうだが雨は上がっているので、ブランチを済ませてちょっと走ることにした。

今日も懲りもせず、妙見山か?って思ったが、有馬街道を走って有馬温泉へ向かいました。天気予報通り風が強い。向かい風と言うよりも横風で左右に振られて走り辛い (T_T)

それでも、山間部に入れば風もあまり当たらなくなり、走りやすくてスピードアップ・・・ってヒルクライムなので、ゆっくりですが(笑)

2016-10-29_122730-_XQ2-DSCF2787_s 2016-10-29_122827-_SO-01F-DSC_0501_s 2016-10-29_123535-_XQ2-DSCF2794_s 2016-10-29_122434-_XQ2-DSCF2783_s
有馬温泉に到着して一休みするが、ここらは曇が掛かっていてノンビリしているとヒルクライムで汗ばんだ体が冷えるので、お土産の団子を買ってサッサと帰ることにした。



本日の走行距離:約 52km


話は変わって、今日はライド中に2度もチェーン落ちした (>_<)
この頃、ギヤチェンジがスパッ!と決まらないこともあるから、ワイヤーやチェーンが伸びているんだろう。
そろそろオーバーホールに出して、消耗品の交換をしてもらう必要があるんだろうなぁ~と考えながら帰って来ました。


14時30分頃に帰宅して、買ってきた団子でお茶してから自転車屋へ行ってみてもらうと、やっぱりオーバーホールすべきとのこと。

コンポを新105かアルテグラに変えたいが、予算不足なので来週くらいにオーバーホールをお願いするかな。


夕刊を見ると、今日は『木枯らし1号』が吹いたらしい。確かに風は強かった。
ところで、木枯らしは1号で、春は1番って使い分けは何でなんだろう?
どちらも木枯らし2号とか春2番ってのは聞かないと思うが・・・まぁ、どうでもいいんだが(^^;

2016年10月23日 (日)

三方五湖『天然うなぎ』マスツーリング

昨日(10/22)のツーリングレポートです。久しぶりにACT CLUBのツーリングに参加。週の初め頃は雨かなぁ~と心配しておりましたが、近づくにつれて雨の予想もズレて、晴れとはいかないまでも、雨の心配は消えていったのはラッキーでした。 20161022-104609-
今回はお店の人以外、知らない人ばかりでしたが、11台のバイク(HONDAとkawasakiが各1台、残りの9台がBMW)で、我が家はタンデム参加なので人数は12名。

7時に桂川PA集合(早ぇ~)なので、5時過ぎに起きて朝食は食べずに6時に出発。早朝で道も空いているから、予定通りの6時30分過ぎには桂川PAに到着。ホットドリンクを購入して持参したパンでモーニングタイム。

20161022-065309- 20161022-070249-
朝はもっと寒いかと心配したが、グリップヒーターのスイッチを入れる必要はない気温だったので助かりました。
太陽の周りにうっすらですが、ハロが見えたので、天候はやはり下り坂なんだろうが、天気予報通り、今日一日は持ってくれよと祈る。

出発予定時刻の7時30分までには全員集合し、本日の予定ルートを確認の上で出発。京都東ICで下りて湖西道路を北上し、9時前には道の駅『マキノ追坂峠』へ到着。ウインドプロテクションに優れたRTと言えども、さすがに走り続けると脚は少し冷えてきました。 それでも、風がないだけマシですね。
 
20161022-085057- 20161022-100308- 20161022-100407-
20分休憩して、三方五湖へ向かう。この時期は観光促進キャンペーンでレインボーラインの料金が半額です。予定より早い10時に梅丈岳展望台に着いたので11時まで休憩。

20161022-103020- 20161022-103143- 20161022-103031- 20161022-102641- 20161022-105343- 20161022-105554-
時間があったので、リフトに乗って山頂へ。トップにある写真が山頂からのパノラマですが、晴れていれば、海も五湖も綺麗に見えたでしょうが、気温も少し上がってきて走っていても寒くないから文句は言いません。

20161022-102106- 20161022-102204- 20161022-102232- 20161022-102357-
山頂は秋のバラの季節で、時折良い香りがしました。

散策を終えて、昼食場所へ移動します。時間は早いですが、レストハウス 湖畔でランチタイム。
このお店は初めてです。いつもは近くのお店で名物『イカ丼』のパターンなので(^^;

20161022-111405- 20161022-112911- 00010101-000000-
当初は『つくり定食』の予定だったのですが、今日は天然うなぎがあるとのことでしたので、予定を変更して『天然うなぎ定食』をいただきました。
肉厚にもかかわらず、しつこくなく美味い。これで2,800円なら、めっちゃリーズナブル。
たまにツーリングで食べに行く、和歌山上富田町にある『川よし』のうなぎも美味だけどこっちの方が肉厚だと思う。
また、この方面に来たら食べに寄りたいと思う。

食後は『みかた温泉きららの湯』でノンビリと体を癒やします。やっぱ、腰痛と肩痛には温泉だよね(^^; 弱アルカリ性で少しぬるっとするお湯でした。

20161022-132205- 20161022-142009- 20161022-142026- 20161022-142033-

予定より時間があるということで「若狭塗箸」の箸作り体験(と言っても、作るのではなく、既に塗ってある箸を電動やすりで磨くだけですが)に立ち寄って、その後は道の駅「名田庄」、「新光悦村」で休憩して解散となりました。

20161022-145956- 20161022-145638- 20161022-162557-1-
道の駅「名田庄」に『もくず蟹』が売ってました。(買っていないけど)ここらでも居るんだね。知らなかった。 


本日の走行距離:330km
朝6時に出発して、ちょうど18時に帰宅したので、10時間でしたが、いつものタンデムツーリングに比べて、案内して下さった方のスピードについて行くのが必死だった気がする(^^;
おかげで、妻もタンデムシートで眠気は襲って来なかったそうだが(笑)

きららの湯に到着する頃に、ほんの少し雨がパラッとしたが、それだけで済みました。その時にスマホでレーダー情報を確認したら、大阪方面は雨が降っていたようだが、帰宅する頃には上がってよかった。


最後になりますが、ツーリングコースの作成から先導・幹事をして下さったMさん、ありがとうございました。

2016年10月15日 (土)

淡路島タンデムツーリング

昨日の天気予報で『明日はプレミアムな晴天』と言っていたので、これはどうしても出かけねば・・・と言うことで、10日の体育の日に引き続いてRTでタンデムツーリングです。

久しぶりに淡路島へ行ってみることにした。コース取りはいつものように六甲山の北側を通る阪神高速7号線を走るから、朝は少し冷えるかな?と思ったが10日の方が寒かったくらいで、心配する必要はなく淡路島へ到着。 天気が良いのでツーリングバイクもいっぱいでした。

時間もまだ少し早いので、淡路SAのスターバックスで明石大橋を眺めながら珈琲をいただきます。 いやぁ~本当に良い天気です。

一息入れた後は高速で一気に南下し、『道の駅うずしお』を目指します。淡路SAはそれなりに混んでいたが、道路は空いているし、気持ちよい青空の下、RTも快調で11時30分を少し回ったところで目的地へ到着。

天気が良いのでサイクリストも多い。この気温ではここまで上ってくる坂はちょっと暑いだろうが、止まれば心地よい風だろうな。また、自転車でも来たいが、アワイチは膝が持ちこたえられないかなぁ~?

話を戻して、少し早いが店が混む前に昼食タイムにします。二人とも『生しらすかき玉汁』を注文。

3種類の味が楽しめるということで、初めに"和風だしの丼"で、次に"生しらすをかき玉汁に入れて"、最後に"生しらす入りのかき玉丼"でいただきました。おぉ!! これは美味だ。発売期間は11月30日までとのことなので、食べたい人はお急ぎ下さい・・・って、店の回し者ではありませんが(笑)

お腹も膨れたし、気温も高めなので、冷たいモノが欲しいな・・・ってことで、福良の有名なアイスクリーム店『G.ELM』へ向かってアイス(シャーベット)をいただきました。

まだ、時間はあるので海岸沿いの一般道を北上したい気もあるが、それだと帰宅する頃には日が落ち始めて気温が下がってくるだろうから、明るいうちには帰りたいから、今日のところは止めておく。
と言って、高速に乗ってこのまま帰るには勿体ないし、寄ってみたいカフェもある・・・ってことで、西淡三原ICから東浦ICまで高速でひとっ走り。

東浦ICから少し北上したところにある『自転車カフェ・チルコロ』へ14時30分頃に到着。
自転車でアワイチした時に立ち寄りたかったのですが、タイミングが合わずに逃してしまったので、RTで寄ってみました。

妻は自転車のことには興味なく、ただ、眠くなりそうだったので珈琲タイムがちょうど良かったそうです(^^;

15時過ぎにチルコロを後にして、帰路につきます。淡路ICから高速に乗って一気に往路と同じコースで帰って来ました。
時間的に中国道の宝塚トンネル辺りも渋滞らしい渋滞ではなく、十分に陽があって気温も下がらぬ、16時過ぎに無事帰宅しました。

本日の走行距離:約250km
殆ど高速道路でしたが、無理して下道に下りてアワイチしなくても、十分楽しめました。