フォトアルバム

ブログパーツ

  • ウェザーニュース
  • BMW BLOG RING
    BMW BLOG RING
    [前へ]  [次へ]
    BMW BLOG RING  [Random] 

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

カテゴリ「日記 [1]」の記事 Feed

2008年7月 5日 (土)

知人の写真展を拝見し、聘珍樓でランチ

Em_oamgo
 数日前から急に真夏日が続き、外へ出るのも億劫になりそうだが、知人達が梅田で合同開催されている写真展を拝見し、もう何年も会っていない方ともお会いできた。今じゃ写真展も大半以上がデジタルなんですね。
 
 その後、予約してあった「大阪聘珍樓」で妻とランチを食べて帰ってきた。(写真はコースの一部です)
 空調が良く効いた店でお昼からグラスワインを飲み、お腹が膨れたら帰りたくなくなった(笑)

 先日購入したK20Dのテスト撮影をしたいが、明日も暑そうなので、近場で少しでも気温が低いところ・・・・と考えるとやっぱり「六甲高山植物園」だな。

2008年6月23日 (月)

長良川の鵜飼い見物

 21日の土曜日に、職場の親睦を深めるため長良川の鵜飼いを見に行ってきました。
 十年ちょっと前にも一度見ているが、こんな感じだっただったかな? 今回は座った席が良くなかったのか、あまりよく見えなかった(涙)。

 雨が降っていても、余程の出水にならない限り、鵜飼いは中止にならないとのことでしたので、雨に降られずによかった。
 雨で中止になれば、部屋でゆっくり飲みながら食事ができると思っていた(笑)

 余り写りは良くありませんが、動画を編集してみました。

2008年6月 2日 (月)

どうなる?

 関西どっとコムが、7月1日をもってケイ・オプティコムと合併するために、このblogのサービスが終わってしまう。

 新しい「eoblog」への移行はできるようだが、URLも変わるし、消えてしまうデータもある。また最初から色々な設定をしなくてはならないのか。

 合併に関しては我々が口を出すところではないが、相当な人数のブロガーがいると思うのに、少々ユーザー軽視じゃないだろうか?

 「公式ブロガー」を「エキスパート ブロガー」へ移行するようですが、今よりアクセスが重くなったら・・・・嫌われるぞ

P.S. 関西どっとコムって名前は好きだったのになぁ〜

2008年6月 1日 (日)

梅酒作り

Esxvrzmp
 昨日、御坊からの帰り道にある産直のお店で「青梅」を仕入れたので、早速梅酒造りに取りかかりました。

 数年前に作った梅酒がまだ残っているので、今回はホワイトリカーではなく、ブランデーにしてみました。・・・と言っても果実酒用だから値段差は知れてますが、美味しいかな?

 ブランデーで作ると最初から琥珀色ですから、ぱっと見、既に出来上がった梅酒のように見えます(笑)。透明な焼酎が徐々に琥珀色に染まっていくのを見る楽しみはないですが、数ヶ月後の味見を楽しみにしておこう。

 ちなみに、最初に買った我が家のビンが8リットル入りと大きかったため、梅2kg、ブランデーが3.6リットルです。

2008年5月10日 (土)

芋焼酎三昧

8zkmag2e
 遅くなりましたが、九州縦断タンデムツーリングの買ったお土産です。・・・自分で飲み食いするのですが

 九州へ行ったらやっぱり焼酎でしょう・・・と言うことで4本購入。なるべく大阪で手に入らないものをと選択しましたが、実際のところはどうかな。

 まず左端から、国分酒造協業組合の芋焼酎「黒原酒」で、アルコール度数は37度。原酒だからちょっと高めですね。ロックで飲めば美味しいだろう。その隣が同じ国分酒造協業組合の芋焼酎「本家」で、アルコール度数25度に落ちますから飲みやすいかな。
 そのまた隣が、篤姫が幼き頃に過ごした今和泉家ゆかりの地、隼人松原で眠り続けた酵母を鹿児島大学の研究によって蘇らせ、その酵母で作った芋焼酎「天翔宙」です。ふくよかでやさしい口当たりと甘み、ソフトな香りで「芋焼酎はちょっと苦手な女性」にもお勧めとのことなので、私の口には物足りないかなとも思うが、ミーハーなので(笑)
 最後の右端は鹿児島県内の焼酎メーカー11社でつくる薩摩本格芋焼酎生産者協議会が春季限定の芋焼酎「春薩摩 旬(とき)あがり」7種を各5,000本限定で発売したものの一つで、ウイスキーでいうシングルモルトのように単一の蒸留所で造った焼酎だそうです。私が買ったのは指宿酒造協業組合の「利右衛門 黒」です。

 まだ封を切ったのは「旬あがり 利右衛門 黒」だけです。・・・でも、もうすぐ終わるが(笑) 飲みやすいですよ。
 本当は全部封を切って、飲み比べるのがよいのかも知れないが、貧乏人なので一本ずつ飲んでいきます。

 右の写真は、西郷さんのせんべいですが、まぁ、これはよくある味ですので特にどうこう言うこともないですね。

2008年4月19日 (土)

EOS-5Dのメンテ

 先日からEOS-5Dのファインダーに埃が入ってしまい、ブロアで吹いてもビクともしない。もちろん写りには影響していないのだが、大きくて黒い塊もあり、覗いたときに気になって仕方がない。

 今日、時間がとれたので梅田にあるCANONのサービスに持って行くことにした。数日間の預かりになるのかと思ったが午前中に預けて午後には出来上がり、料金も不要とはラッキーでした。(この程度ならどこのメーカーでも当たり前のサービスなのかも知れないが)

 いずれにしても、埃も消えてすっきりしたファインダーになり満足。GW前半は既に遊びに行く予定が入っているので撮影には行けないが、後半は近場で花の撮影を楽しもうかな。

2008年3月31日 (月)

健康優良中年?

 今日は人間ドック受診の日。最近、ここの施設が人気があるのか、1月初旬に申し込んだ時には既に3月末しか空いておらず、年度末ギリギリになってしまった。

 空腹を堪えて朝一番から梅田へ。10時過ぎには検診は終わり、午後からの検診結果を聞くまで時間潰しが必要。
 得意?の散歩コースでヨドバシカメラや書店などを散策。まぁ、大したものは今回は買っていない・・・ことにしておこう。

 さて、気になる検診結果ですが、一言で言えば「全く問題ない」とのこと。血液も尿も、その他の検査値も含めてすべて綺麗だそうだ。

 挙げ句の果てに、ドクターから「γGTPの値も低いので、お酒もあまり飲みません?」と聞かれ、「えっ・・・えぇ、はい。付き合いで飲むことはありますが・・・・」と返答と言うと「今のような生活を続けて、維持して下さい」だって。
 う〜む、「その際、たまに?飲み過ぎる」って続けて言うべきだったか(笑)

 ドックの結果だけで安心してはいけないだろうが、まだまだ激務?に耐えられそうかな。この先も心身共に綺麗に居続けたいものだ・・・って、心は綺麗かどうかは既に判らんが。

 そんな訳で、帰りに自分の健康を祝うため、いつもよりちょっとだけリッチなワインと日本酒を買って帰りましたとさ。・・・・結局、去年の受診日と大してやっていることは変わらん一日ってことだが、これがささやかな幸せか。

2008年3月23日 (日)

桜開花

2w9lagqo
 昨日、タンデムツーリングから帰ってきた時は既に暗かったのでよくわからなかったけど近所の桜が開花したようでした。
 毎年、早く咲き始める桜の木なんですが、今日になって、よく見ると綺麗に開花していました。

 すっかり春なんだなぁ〜 心なしか嬉しくなりますね。

 手抜きのコンパクトデジカメなので、ちょっとピントが甘い上に背景のボケがうるさくてゴメンナサイ。

2008年3月 8日 (土)

「ムンク展」と「灘の生一本」

 教養アップのため、たまには美術鑑賞を・・・そんなの似合わない!って話は無視して続けるとしよう。実はひな祭りの日に行こうとしたのですが、月曜休館だったので、妻と一緒に朝一番から行ってきました。
Gprcgjl4
 行った先は左の写真の通り、兵庫県立美術館で開催されている「ムンク展」です。
 誰もが知っている有名な「叫び」はないが、ムンク独特の絵をしっかり観賞してきました。

 オスロ大学講堂にある本物を見てみたいものです。きっと、その大きさからしても、もっと感動するだろう。また、フレイア・チョコレート工場の食堂にも工場労働者の家族や子供たちが描かれた絵があると知りました。
 1920年代初めにムンクの絵を飾れるほどの食堂を持ったチョコレート工場があったとは・・・日本じゃ戦後のギブミー・チョコレートの方が有名のような気がするが(笑)おっと、話が脱線してしまった。
 当時は男女別の社員食堂で、女性用食堂だけ完成させたとのこと。ムンクは女性好きだったのか(笑)
 ビデオで大学講堂やチョコレート工場の様子を見ることができましたが、ムンクの絵を見ながら食事ができるなんて凄いですね。

 展示室を出たところにノートパソコンが置いてあり、5種類のムンクの絵が自分のパソコンや携帯電話にメール送信できるようになっていました。世の中変わりましたね。

 その一つが左の写真です。著作権など使用に関する注意書きもなかったので、加工等しなければブログにアップしても良いのだろう?と判断しています。・・・念のため小さい方にしておこうっと。
 ちなみに「叫び」と並んで有名な「不安」です

Zuxswlhe  さて、美術館を出た後は、灘まで行くので何かないかな?と予めネットで探してあった「灘の酒蔵探訪 2008 酒蔵スタンプラリー」をしてみることにした。
 思っていたより多く歩くことになったが、電車で行っているので、しっかり試飲を楽しんできました。
 ムンク展が本当の目的だったか、酒蔵探訪が目的だったのか・・・それは神のみぞ知る(笑)
 試飲サービスが良かった酒蔵で、限定醸造の無濾過一番搾りの生原酒をお土産に買ってきました。最近は焼酎やウィスキーではなく、日本酒に凝っている感じだな。


2008年3月 3日 (月)

そうだ、京都へ行こう(笑)

Keyj1n3z
 今日は有給休暇消化のため休みなんですが、昨夕になって「映画を見に行くか、それとも、どこかへ行こうか?」と妻と相談していたのですが、これと言って決まらず、結局、寝る頃になって「某所の美術館へ行こう」決めました。

 起床後、念のためネットで確認したら、今日は月曜日なので休館日だ。ガーン、それじゃどこか行く所はないかな?と観光案内などを見ていたら、京都の「三十三間堂」が三月三日の「三」並びの日に合わせて無料開放とのこと。

 三十三間堂はもう何度か拝観しているが、折角だから、急きょ某宣伝みたいに「そうだ、京都へ行こう」と言うことになりました。もっとも、私は通勤で毎日のように行っているんですが(笑)

 「ももの法要」として本日のみ、特設の高壇が設けられており、いつも見ることができない千体仏を高い位置から見ることができ、おぉ感激!ありがたや(合掌)・・・やっぱり年をとってきて、仏が分かるようになってきたのだろうか?ただ単に、いつもと違った視点で見られて感激しただけって話もあるが。

 その後、南禅寺近くへ行って昼食。やっぱりこの時期なら湯豆腐かということで、今まで食べたことがない店を試してみた。それなりに美味しいのですが、カセットコンロに湯豆腐では雰囲気が減点と豆腐の食感がなんとなく柔らかすぎのような気がした。やっぱり、いつもの店にすべきだったか。

 その後、この時期「大涅槃図」が特別公開されている「真如堂」へ向かいました。実は涅槃図ってどんなものか良く知らずに行ったのですが、お釈迦様が入滅(亡くなった)した時の様子を絵にしたものなんですね、勉強になった。それにしても6m×4mという大きさに見とれてしまう。

 また、特別拝観料を支払ったら「花供曽」をいただいた。何かというとお菓子で「正月に本尊に供えた鏡餅のお下がりを小さく刻んで軽く焼き、黒砂糖を絡めたもの」で、これを食べると無病息災で過ごせるそうです。
 帰ってきて早速いただきましたが美味しいです。これで無病息災なら文句ない。300円でも売っていたので、拝観料が事実上半額になったと言うことでラッキーでした(笑)

 右下の写真に写っている「豆」のように見えるものが「花供曽」です・・・どう読むかって?「はなくそ」(笑)だそうです。仏さまへの供物を意味する「花供御(はなくご)」から来ているのではないかという話です。

 さて、今日はご存じ「ひな祭り」なので、最後は「人形の寺」として有名らしい「宝鏡寺」へ向かう。これまた期間限定の春の人形展を見に行った。御所ゆかりの雛人形などが多く飾ってありましたが、よくあんなに古い人形が残っていたものだと感心する。

 妻は「いくつになっても、雛人形を見ると、ワァ〜って感激する」そうです。やっぱり男性と女性は違うもんですね。

 ちなみに写真左下が唯一、写真撮影可の部屋にあった江戸時代後期の人形です。

P.S. 行けなかった美術館の開催は今月末までなので、土日に行くかな。