フォトアルバム

ブログパーツ

  • ウェザーニュース
  • BMW BLOG RING
    BMW BLOG RING
    [前へ]  [次へ]
    BMW BLOG RING  [Random] 

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« 2006年10月 | メイン | 2006年12月 »

2006年11月に作成された記事

2006年11月27日 (月)

6ヶ月ぶりに歯医者へ

 前回の定期歯科検診から早くも半年が過ぎたので、前回同様に会社帰りに受けてきました。半年前の予約した日時通りで行くとは、なんと真面目な患者(お客?)だ(笑)。

 検診と歯石除去をしてもらい、これまた前回同様に現状の歯磨き状態であれば半年ごとに歯石除去をしていれば問題ないとのこと。
 しかし、磨き残しは前回の位置とちょっと変化しているらしい。やっぱり指摘されたところは注意して磨くが、その代わり他の場所の磨きが疎かになるようだ。

 今回「歯周疾患指導管理説明書」は無かったが、料金は少し安かったのだろうか?。前回の明細書は・・・どっか行っちゃった。

 そして、半年後の予約をして帰ってきました。このままじゃエンドレスですが、親切丁寧な歯医者さんだからいいか。

P.S. ここ、2回ほどの記事のコメント受付にURLが必須になっていたようでした。どうも失礼しました。必須を外しましたのでURLなしでコメントできます。(誰もコメントしようとしていなかったかも?)

2006年11月26日 (日)

ラムダッシュ

Fcix7zi4  この頃、天気が悪い日が多くなっている感じですね。そんな日は家でノンビリしていれば良いんだけど、折角の休日をダラダラしているのもつまらない。
 外出したからと言って充実する訳はではない、ただ単に適度なblogネタが見つかるかもなぁ〜ってことだけなんですが。

 そう言えば、数日前の読売新聞の編集手帳に「鍋島藩士、山本常朝が『残念記』という日記帳を作ると、過ちが多すぎて、最後は投げ出してしまった」とあり、記者は「逆に首尾上々の出来事のみで『満悦記』に書こうとしても、空欄ばかりでは日記にもならない」とある。
 そして、結論は「日記は思いのままに、とりとめもなく書き留めることが長続きするようである」と書かれていた。
 なるほどね。blogのネタ切れで嘆く必要もなく、書きたい時に、思い付くまま取り留めのないことを書いていればいいか。もっとも私の場合、以前からそうなんだが(笑)

 さて(長い前振りだ)、その取り留めのない話ですが、ナショナルのシェーバー「ラムダッシュ」です。ここ10年、いや20年以上、カミソリ愛好派でしたが、久々に電気髭剃りを買ってみました。
 私は比較的髭が濃い上に、癖髭なのでシェーバーで綺麗に剃ろうとすると、後で皮膚が痛くて嫌だったのですが、心境の変化か?この二日間剃らずに温存した髭がちゃんと剃れるか電気屋へ出かけ、店頭で試してみたところ思っていたより剃り心地が良かったので買ってしまった。
 自動洗浄タイプが良かったのですが、意外と場所を取りそうな上、値段も高い(こっちが主因?)ので見送ってしまった。

 できればラムダッシュとブラウンで試してみたかったが、ブラウンのテスト用がなかった(笑)

 何だかんだと言いながら、結局、外出している。


2006年11月23日 (木)

高村 薫著「照柿」

18_myke3  高村薫氏の作品を読み終えたのは「マークスの山」に続いて2作目ですが、実はこの作品、単身赴任していた頃に単行本を買ってあったのです。
 購入当時は読む暇が無くて?本棚の肥やしにしたままだったのですが、今回、文庫本化され書店で平積みしてある帯を見て「マークス…」に登場した合田刑事の第2弾であることを今頃になって知り、それじゃ読んでみようとなった訳です。
 しかし、以前に買った単行本は分厚く、通勤カバンに入れるにはかさばる上に少々重いので、全面改稿された文庫本を購入してしまった。「マークス…」と同じことをやっているな(笑)

 さて、「マークス…」と違ってタイトルの「照柿」という言葉が序盤に出てきたので、意味はわかったが、色のイメージ通り?暑苦しくてドロドロとした展開で重苦しいですね。
 それでも「マークス…」に比べれば読み終わるまでの時間は短かく、途中で投げ出しそうにならずに済んだのは高村氏の作品に少し慣れたのだろうか(笑)。

 合田刑事シリーズ?と言っても「マークス…」と違って、犯罪小説や刑事物っぽさは少なく、人間の持つ善と悪の心(そんな単純ではないが)を表現しているような感じが強かった。
 合田刑事が佐野美保子に一目惚れしてとんでもない行動に出るのだが、一目惚れしたと読み取るのはちょっと難しいのではないだろうか。他の部分が緻密に書かれているのにちょっと残念。それとも私の読解力不足か。

 今更ながらドキッとしたのは、合田刑事が優等生だった少年時代に幼なじみで悪ガキだった野田達夫へ向けて書いた言葉が達夫の心というか人生に影響を与えているようだが、それを書いた合田刑事は既に忘れていた部分です。
 人間付き合いの中において、言った方は忘れても、言われた方は心の奥深くに染み込んで傷つけていることはあることだろう。このようなことがないように何気ないつもりの一言でも、発言には注意しなければ。

 合田刑事が所轄へ異動になって作品は終わっているので、これで合田刑事シリーズは終わっているのかと思ったら「レディ・ジョーカー」なる作品があるとは・・・う〜む、どうするかな。これも重い作品だろうか?。連続して重かったので、暫くは軽めの作品で頭を休めることにしよう。

 そうそう、「マークス…」同様に全面改稿されているので、単行本と比べると面白いのかも知れませんが、ボリューム的にちょっと大変そうなので、単行本は引き続き本棚の肥やしのままだろう(笑)。


2006年11月18日 (土)

Birthday Dinner

Gbrvmjmr
 私の誕生日は既に済んだのですが、妻も11月生まれなので誕生日プレゼント代わり・・・という訳じゃないですが、梅田へディナーを楽しみに行きました。
 このところ外食しても和食が続いていたので、久々の洋食にボジョレーヌーボーを飲みながらゆったりした夕食でした。

 お店はリーズナブルな創作フレンチが味わえる「いわむら Chez Deuxieme」で、私の我が儘でチーズ抜きのコース料理に嫌な顔一つせず注文を受けてもらいありがとうございました。
 ランチタイムはいつも行列が出来るそうですが、空いていて良かった。

 左側の写真は、地下街のクリスマス風景です。

2006年11月13日 (月)

天ぷら御膳

Vnvzy5tl
 休暇取得日で、せっかくの天気なので外出することにした。昨日はバイクで白浜まで行ったのに温泉に入っていない(入ってバイクで帰ってきたら風邪ひくけど)ので、車で昼食と日帰り温泉へ。

 久々?に美味しい蕎麦を食べたくなって、亀岡から篠山へグルッと回って「一休庵」へ。天ざるの大盛りにしようかと悩んだが、結局「天ぷら御膳」を注文。
 もう少し蕎麦の量が欲しかったが、冷たくてコシがあって美味しい蕎麦でした。その後、こんだ温泉に入って帰宅。

 あちこちで銀杏が綺麗に色付いて、ちょっと撮影。う〜む、GRデジタルのRAWファイルを納得する色に現像するのにちょっと苦労するな。
 

2006年11月12日 (日)

白浜ツーリング

Fyddqecy  先週末と異なって、天気予報では寒くて風の強い1日になりそうだが、私が案内役でディーラーのお客仲間のツーリングに出かけた。
 当初は「三方五湖ツーリング」を計画していたが、日本海側は天気が悪そうなので、急きょ太平洋側への「白浜ツーリング」に予定変更したが、正解だったかな?。

 さすがに寒くなったからか?、先月のツーリングと違って少人数の6台。もっとも、この台数なら信号で引っかかったりして、はぐれる心配もなくて走りやすくて良いけどね。

 我が家を7時に出発し、予定時刻前の8時過ぎに阪和道の岸和田SAで全員揃い、広川ICで降りた後、海岸沿いへ出て「白崎海岸」を目指したが、途中で全面通行止めの表示に出くわして仕方なくR42へ戻って南下。
 今度は御坊市街の手前から「煙樹ヶ浜」を目指して海岸で小休止。ここは思ったほど風が強くなくて、BMWの雑談タイム。

 田辺市内で少々渋滞したが、予定通り、白浜の「とれとれ市場」へ12時直前に到着。よく混んでいたが、何とか6人一緒に座れて、食事を含めて1時間少々休憩。私は「とれとれセット」のうどんで、汗が吹き出すほど体は暖まり、午後はセーターを脱ぐことにした。

 さて、帰りも同じルートではつまらないし、海岸沿いは少々風が強いところもあるので、龍神方向へと山へ入っていったが、予想は外れて風はあまり弱くならず、それよりも標高が上がるので気温低下の方が大きい。(私は電熱ベストで気にならなかったが、他のメンバーにはちょっと申し訳なかった)

 道の駅「龍遊」で休憩した後、暫くすると龍神村で開催されていた駅伝の先導していた白バイだろうか?3台が前に来て、法定速度通り?で先導してくれる。有り難迷惑なので(笑)「しらまの里」で小休止して、白バイには先に行ってもらうことにする。
 その後、吉備ICから高速に入って、紀ノ川SAで解散しました。
 
 海南ICまでは少々渋滞していたが、その後はスムーズだったので、18時過ぎに帰宅できました。

 本日の走行距離:約400km

2006年11月10日 (金)

もう、街はX'masなんですね

Uyo20x5l
 11月になってからであろうか? 今年もJR京都駅にクリスマスツリーが出ているなって、出勤時に横目で見ていたましたが、ここ数日は仕事帰りが遅く(と言っても、以前の職場に比べれば早いのだが)、近寄らずに帰っしまっていました。

 今日は、少し時間があったので立ち寄りましたが、まだクリスマス気分に浸るにはちょっと早い気がするのは、もうクリスマスを楽しむような歳じゃないからだろうか。
 そう言えば、今日でまた一つ歳をとってしまったもんな(涙)

2006年11月 4日 (土)

やっと、夏の片付け

 昨日は絶好の行楽日和であったが、私は休日出勤だったので我が家は三連休ではなく、ごく普通の週末になってしまった(涙)。

 今日も天気は良いので何処かへ出かけたい気にもなったのですが、2週連続で出かけているし、次の日曜日にディーラーのお客仲間とのツーリング予定があるので、今週は大人しくしております。
 来週あたりから寒くなって「しまった!出かけておくんだった」と悔やむかな(笑)。

 さて、タイトルの「夏の片付け」って言うほどじゃないが、今日になってやっと扇風機を分解・清掃し、箱に詰めて押し入れへ。
 つい先日まで、風呂上がりに暑いと言ってちょっとだけ使っていたが、11月になるまで扇風機を出していたのは今年が初めてじゃないかな。