フォトアルバム

ブログパーツ

  • ウェザーニュース
  • BMW BLOG RING
    BMW BLOG RING
    [前へ]  [次へ]
    BMW BLOG RING  [Random] 

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« 2007年9月 | メイン | 2007年11月 »

2007年10月に作成された記事

2007年10月31日 (水)

道尾秀介著「背の眼」

B16mlmlr  「ミステリ界期待の新鋭のデビュー作にて大傑作!」という帯に釣られて購入。

 人を撮影した写真の背中に眼が写っていて、その後、自殺しているという心霊写真?を調べるうちに、少年の殺害と連続失踪事件と白峠村に伝わる「天狗伝説」へと話が謎のまま進み、この作品はミステリーなのか、ホラーなのかと思いながら読み進んでいました。後から知ったのですが「第5回ホラーサスペンス大賞特別賞受賞作」だったんですね。
 それでも、単なるホラーでもなく「霊と言われる存在を5つのカテゴリーに分類」してあったりで科学的な感じもするし、金比羅詣りの内容を知り、さらに東海道五十三次の「沼津」にはその金比羅詣りが描かれていること知った。

 上下2巻で若干長めですが、どうやって解決するのだろうかと思いながら読み進めたので意外と速く読めたような気がする。それにしてもラストで一気に主役?ともいえる霊現象探求所(研究所ではない)の真備庄介の謎解きはちょっと出来すぎじゃないだろうか。
 主役ではなく主人公?の作家の道尾は、本著の作家自らの名前を使っていることも面白いな。真備の助手である北見凛の3人組でシリーズ化されるのだろうか。既にされているのかも?

 駅職員もラストに良い味を出しているなぁ。TVドラマ化しても良いのではないだろうか。


2007年10月28日 (日)

せっかくの天気なのに

 青空が綺麗、しかも風もなさそう、それに暖かそう。あぁそれなのに・・・バイクは先日乗ったから我慢するとしても、こんな日に休日出勤しなければならないとは残念無念。

 しかも、まだ自宅にいて、あと1時間ほどしてから会社へ向かうというまったく中途半端な時刻から。

 いったい、帰宅時間は何時になるのだろう?

2007年10月21日 (日)

新米買い出しツーリング

 個人的スキルアップの関係で遊んでいる余裕はないのですが、折角の天気なのに何処へも行かず、家で勉強なんてのはストレスが溜まるのでこんな時はパァーっと出かけることにした。(先週も出かけたのに・・・何がストレスだって言われそう)
 久々のソロツーリングです。決して嫌われた訳ではなく?、妻はボランティア活動で地元の運動会のスタッフとして早朝から出かけたのだ。(頭が下がります)
Iopxhux2
今回のルート記録はSONYのGPS-CS1を使ってログを取り、Goole Earthに表示してみました。

 どこへ行こう・・・と言うまでもなく「道の駅スタンプラリー」のスタンプ収集に向かう。妻から出かけるなら「新米を買ってきて」と言われていたので、近江米かなと琵琶湖へ向かう。

 名神高速を京都東ICで下りてから湖西道路を北上し、まずは「琵琶湖大橋米プラザ」へ。ここで米を買っても良いが、まだまだ先にもあるだろうとスタンプのみ押して湖西道路へ戻り北上。
 自宅を出た頃はかなり気温が低かったので、冬用のウエアを着て走ってきたが、少し気温が上がってきた上に陽が当たるとちょっと背中が暑いくらいだ。もっとも、寒いより良いのだが。

 「藤樹の里あどがわ」へ寄ってから「しんあさひ風車村」へ向かう予定が、間違えて一足先に湖岸道路へ向かったので順序が逆になってしまったが、無事にスタンプをゲット。
13ncg2fk  「しんあさひ風車村」のスタンプは電話ボックスにあった。何故なんだろう
Wqmjlmqx  今日はほとんど風が吹いていないので回っていないようです。

 「藤樹の里あどがわ」で新米5kgを購入し、一旦、西へ進路を取り「くつき新本陣」へ向かう。背中が暑いなぁ〜セーターを脱ぐべきだったなどと思いながら走っていて「くつき新本陣」に到着。
 間もなく12時なのでここらで昼食をとることにしようかなと「焼鯖寿司」と「カレーパン」を購入。・・・なんとも変な組み合わせだが、食べたくなったのだから仕方がない。
 ソロで走っていて店に入る気もしない時には、こうした道の駅に売っている弁当などは便利だ。
R9gfkw_v  鯖街道朽木 岩瀬山小屋自家限定の焼鯖押し寿司です。一切れを茶碗に乗せて、わさびを入れて熱いお茶をかけて食べても美味しいようなことが書いてありましたが、残念ながらすべてそのままお腹の中へ(笑)
Dycfjass  揚げたての辛口カレーパンも美味しかった。ちなみに100円/個です。

 腹も膨れたし、体もかなり温まっているのでセーターを脱いで再出発。滋賀県から一旦、福井県へ入り「若狭熊川宿」です。
 ここは何度も来ているのでスタンプのみ押して、直ぐにUターンし、湖北へ向かい「マキ追坂峠」へ。
 道の駅どうしの距離がそれ程離れていないため、ちょっと走ってはまた停止の繰り返しで少々疲れてきたが、木之元を経て湖東を南下し「湖北みずどりステーション」へ。

 本日の夕食は「すきやき」にすると言う妻の言葉を思い出し、産みたての有精卵が美味しそうだったので購入しようと思うが、10個入りを買ってパニアケースの中で割れても困るので4個入りを購入。
 走っている時はまだ良いが、バイクを降りて歩くと体が汗ばむ感じで暑いので、ジュースを飲みながら一休み。

 さらに南下し「近江母の郷」でスタンプを押して、体の暑さに負けてソフトクリームを食べてまたしても一休み。その後、彦根まで南下したら15時30分近くになっていたので、今日の道の駅巡りはこの辺にして彦根ICから高速で帰宅することにした。

 途中、眠くなってきたので「桂PA」でオロナミンCを飲み、漬物を買ってもう一踏ん張り、夕陽に向かって走り、無事17時20分頃帰宅。
9gngtk3s  本日のお土産は「新米5kg」,「産みたての有精卵4個」,「漬物2種」

道の駅のスタンプが8個増えて、やっと26個。まだまだ先は長いな。
本日の走行距離:約345km

2007年10月18日 (木)

高嶋哲夫著「ミッドナイトイーグル」

Dpk7lpnp  先日読んだ「M8」と同じ作者であることに気が付かずに読んでいたのですが、映画の公開までに間に合った。・・・と言っても、映画は見に行かずに終わってしまうのがいつものパターンですが。

 雪山で一般人が戦うので、真保裕一氏の「ホワイトアウト」に似ている感じがあるが、北アルプスと東京での同時進行もある上に、日・米・中・韓・北と国際的な問題も折り込み、ストーリーとしてはこっちが一段上かな。

 北アルプスの地理に詳しく、海外で幾多の戦場を駆け抜けた報道カメラマンとは言っても、防寒服も無くして、食料も底をつき、殆ど寝ずにいる一般人が戦い抜くのは無理でしょ?と思う。また、その報道カメラマンの妻であるフリーライターの活躍はいくら何でもあり得ないなぁ〜と感じますが、そんなこと言っていたら小説は出来ないな(笑)。
 
 そんな無茶と思う点や、荒唐無稽な国際謀略ストーリーのような気もするが、もしかしたら本当にあり得るのでは?とも思えてきて面白い。

 「ホワイトアウト」や「亡国のイージス」のように主人公は最後まで戦い抜くのだろうと思っていたのだが・・・いや、ある意味では戦い抜いたのだろう。

 う〜む、映画を見に行こうかな。

2007年10月16日 (火)

PC復帰

 何度やってもアクセスポイントが表示されなかったのだが自然復帰した。どうなっているの?

 ノートパソコンの新調は延期か・・・残念?(笑)

PC不調

 昨夜はちょっと飲んで帰ってきたので、パソコンを触らなかったのだが、先ほどいつものVAIOノートを立ち上げてもネットにつながらない。
 ワイヤレスが不調だ。再起動してもダメ。ワイヤレスの親機を再起動してもダメ。
 
 他のノートでワイヤレスは繋がるのだから、親機に問題はないようだ。

 有線接続のデスクトップでの書き込みですが、TVの無い部屋だし、いつも使い慣れたノートじゃない面倒だ。

 冬のボーナス前にノートパソコンを買い換えか?

2007年10月13日 (土)

余部鉄橋ツーリング

Vkkrbisp 今月も勤務先のメンバーでのツーリングに出かけた。行き先は今ならまだ勇姿が見られるJR余部鉄橋である。
 以前に見たのはもう何年も前であるが、架け替えられると聞いてもう一度見に行きたかったが中々チャンスがなかった。
 この先、冬になれば日本海側へのツーリングは難しくなるので、比較的ロングコースであるが、これがラストチャンスだろう。

 自宅を7:30頃出発し、道の駅やコンビニ、サービスエリアで合流して最終的に9台となったが、色々ロスタイムが生じて、城之崎温泉付近に到着したのが12時を少し過ぎてしまった。

 今回は昼食ポイントを事前調査していなかったので、な・な・なんと「城之崎カントリークラブ」のレストランへ入った。
 私はゴルフをしないので、食事だけをさせてもらえるのか良く知らないが、進入路にも「海の見えるレストラン」って看板を出しているのだから、何とかなるだろうと駐車場へ。
 「服装で断られるのじゃ?」って意見もあったが、ダメもとで入っていったら呆気なくOKでした。
I6jmpvss 地元、但馬牛とは書いていなかったが「ステーキ丼」を注文。味は、まぁ、こんなもんでしょう

 食事後、海岸沿いのワインディングロードを気持ち良く、余部鉄橋へ向けて快走していたが、あと約1kmと言うところで、一人が足がつったとのことで、ちょっと停止。
Emxiuvgf  架け替え工事の関係で橋脚基礎部には工事用の囲いなどがあって、上部側だけの写真として撮らざるを得ないが、列車が来なければちょっと物足りない・・・。と言っても、列車が通過するまで待つ時間がなかった。

Om9gaokm 綺麗な日本海

 余部鉄橋を後にして、香住へ戻り矢田川を上流へ向かう。本当は「矢田川温泉」へ入る予定だったが、予定時刻を大幅に超過しているので、横目で見て通過。
 国道9号線で和田山まで走って、徐々に解散しながら往路と同じルートで19:30頃に帰宅した。久々に真っ暗になるまで走ったな。
Mgoi1cqs 今回のお土産は「道の駅 鮎の里矢田川」で買った「とち餅」と「鮎の姿煮」です。

 走行距離:395km そこそこ、ロングだった

2007年10月12日 (金)

伊勢の名物も

 伊勢の名物「赤福餅」よ、お前もか。どこも信じられませんね。
 大阪や京都のキヨスクなどでもよく積み上げてあるのを見かけるが、あんなに沢山売れるのかなぁ〜、生ものだし餅が固くなるだろうから、売れ残ったらどうしているの?と思ったこともあるが、冷凍して再出荷とは。

 それにしても、上手く冷凍・解凍できるもんですね。冷凍技術ってすごい・・・そう言う問題じゃないけど。

 赤福餅はもう何十年と食べた記憶がないな。

2007年10月 7日 (日)

黒川温泉タンデムツーリング

6yxgkldz  昨日から三連休ではあるが、折角の天気だった昨日は私も妻もそれぞれ所用があって遊びに行くことが出来なかった。

 連休最終日の明日は雨模様だが、今日は天気がもちそうなので久々に妻とのタンデムツーリングに出かけることにした。
 
 行き先は特に決めていませんでしたが、西へ進路を取り「道の駅スタンプラリー」のスタンプを少しでも増やして、今が旬の「丹波の黒豆(枝豆)を買って帰ってこよう」と出かけました。
 
 猪名川から三田を抜け、まずは道の駅「北はりまエコミュージアム」を目指すが、ちょっと南下しすぎてしまったが、道も空いていたので、大したロスタイムにならずに到着。ここで、「栗」「ピーマン」「リンゴジャム」を購入。何だかんだ言いながら、いつものように「道の駅買い出しツーリング」だな(笑)

Cup02lm1 次に向かったのは、40分くらいで着くのだが道の駅「R427かみ」である。
 まずはスタンプを押して、何が売っているのかなと見ていると、珍しい「あけび」が売っていたり、
Bbgfo1go 膨らんだビニール袋には何が入っているのだろう?と見ると・・・。

Ml0pnkyn 金魚が売っていた。道の駅で金魚を売っているのは初めて見た。・・・と言いながら、「北はりま・・・」でも、高級メダカを売っていたりしたが、こんなふうにビニール袋に入れては売っていなかったな

 さて、時間もまだ12時前なので、以前、ディーラーのお客仲間でのツーリングで行ったことがある「黒川温泉」へ行ってみることにした。R429の細い道を一山越えなければならないが、初めての道じゃないからさほど心配なく走り抜ける。
Euu9qvq4 以前「黒川温泉」へ行った時は、意外と混んでいたのでどうかなと思ったが、呆気ないほど空いていた。以前は何かのイベント日に当たったようだ。それに、新装されたようで、お風呂も食堂も新しくて気持ち良かったです。
Jj0djagh 食事は「鹿かつ定食」と
Rejscwr1 「アマゴの塩焼き」をいただきました。
 鹿肉は赤身ばかりなんでしょう、歯ごたえがありしたが、固いと言うほどではなく、美味しかったです。
 食後に入浴して休憩室にいたら、そのまま一時間くらい昼寝しそうです(笑)

Bjsyfnet 場所は黒川ダムの下流にあり、天気が良く稲刈りの終わった田んぼとダムと青空が気持ち良かった

 黒川温泉を後にして、再びR429の峠越えでR427に戻る。余談ではあるが、この時にR1200STと思われるタンデムに追いつき、すぐ後ろを走ったが、STのライダーも私と同じシューベルトのヘルメットを被っていた。
 R427へ出て一旦北上し道の駅「あおがき」へ寄り、スタンプを押して、ここで「黒豆」が売っていたら、篠山に寄らなくても良いかなと思ったが、残念ながら売っていなかったので、北近畿豊岡自動車道と舞鶴若狭自動車道で丹南篠山口ICまで南下。
 ここまで快調に来たが、ICを降りたら渋滞気味です。この三連休で「味祭り」などのイベントをあちこちでやっているので観光客が多くて混んでいるようだ。
 昔はこれほど混んでいなかったが、有名になりすぎたかな?ってことで、篠山の街中には入らずに、道路端の民家で売っている「丹波の黒豆」を2束(オマケを入れてもらって1000円)買って帰りました。
 篠山を抜け、道の駅「いながわ」までは比較的流れたが、それより先はまたしても渋滞。仕方がないっすね。それにしても我がRTより巨体のゴールドウィングが左端をすり抜けしていくのは圧巻だ。

G28zhhk3 と言う訳で、本日の買い出し結果(笑) 「枝豆」「栗」「ピーマン」「リンゴジャム」締めて2,300円也

 本日の走行距離:約225km 意外とショートでした。久々に複数画像の書き込みをしましたが、やっぱり面倒だな。

2007年10月 5日 (金)

横山秀夫著「震度0」

8byzv5vk  先日と言っても、もう一月以上前になると思うが、WOWOWのドラマとして放送されていたのを見て、なかなか面白かったので是非とも原作を読んでみたいと思い、書店で探して買ったのですが、文庫本じゃないので通勤で持ち歩くのを躊躇して読み始めるのが少々遅れてしまった。

 しかし、一度読み始めたらドラマ出演者が頭に浮かんで快調に読み終えました。ドラマ化の際、役者の選び方が良かったのでしょう、登場人物とドラマの出演者に違和感がなかったのが印象的でした。

 自分の昇進や保身のみを考えている警察幹部同士の攻防が面白いが、阪神大震災を引き合いに出す必要が本当にあったかどうかは疑問です。
 ドラマ化されていないだけで、殺人事件や4年前の選挙等がもっと書かれているのかと思ったがあまり詳しく書かれていなくて残念。もっとプロローグを入れて長編になっていても良かったのではないかな。

 あの終わり方・・・どうなったかは読者が推理するのか。

 珍しく?原作とドラマにあまり差を感じなかった一冊です。