フォトアルバム

ブログパーツ

  • ウェザーニュース
  • BMW BLOG RING
    BMW BLOG RING
    [前へ]  [次へ]
    BMW BLOG RING  [Random] 

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« 2007年11月 | メイン | 2008年1月 »

2007年12月に作成された記事

2007年12月31日 (月)

一年間お世話になりました。

Ih3bau_w  もう、今年も残すところあと数時間。我が家は概ね平穏無事な一年であった。これと言って思い出すほどの重大ニュースもないが、それが一番だろう。

 年越し蕎麦もいつもの店で食べたし、ゆっくり新年を迎えます。


 それでは皆様、良い年をお迎えください。

2007年12月30日 (日)

想定外の買い物

 年末の窓や網戸などの大掃除は寒そうなので殆ど省略してしまいました。無理に掃除して風邪をひくよりは良いだろうという言い訳です(笑)

 それなら、珈琲を淹れて録画しておいた映画をおとなしく見ようとしていたのですが、コーヒーメーカーの調子が悪くて、タンクに6杯分くらいの水を入れても、3杯位の珈琲しかできていない上に時間がかかりすぎる。
 映画の途中からセットしたのだが、結局、映画が終わっちゃったぞ!どうなってんだ?。

 以前にも出来上がりの珈琲が少ないといった症状が出たことがあり、もう我慢できん(怒) 新しいコーヒーメーカーを買うぞぉ〜!ってことで、急きょ夕方から近所の電気屋さんへ。

 今までと同じようなミル付きのコーヒーメーカーを買う予定だったのですが、ネスレのネスプレッソで淹れた珈琲を試飲したのが運の尽き?
 短時間で美味しく淹れることが出来て、後片づけも簡単とくれば、かなり魅力的だ。

 専用のコーヒーカプセルが要って、今ある珈琲豆はもちろん使えないが、それは粉にしてペーパードリップで飲めばいいかと言うことで、写真右の機種を連れて帰ってきました。
 さぁ、これで明朝は美味しい珈琲が飲めるぞ。それにしても、コーヒーカプセルはチョコレートみたいだ(笑) 

 ちなみに、写真左は想定外の買い物じゃないですが、一昨日、日本海まで買い出しに行ったカニです。本日の夕食でしたが、地物のブランドを示すタグ付きだけあって、ミソも多くて美味しかった。

Byte8jtt

2007年12月27日 (木)

ZUMO 550

W5x5drtg  先日ちょっと書きました、自分用のクリスマスプレゼントですが、バイク用のナビを替えました。

 写真上の左側が今まで使っている「StreetPilot2610」で、たまに衛星をロストすることはありますが、処理速度などには大きな不満もなかったにも関わらず、新しいモノ好きな性格ですので我慢できずに「ZUMO 550」を購入してしまいました。

 Bluetoothでの接続も出来るので、次は携帯電話とインカムのヘッドセットのBluetooth化を目指すかな。

 この正月休みにRTへ取り付けられるようにしようと思うが、自動車のマウントも買ったのでまずは車で使ってみよう。

2007年12月24日 (月)

X'mas Eve ツーリング「蔵乃湯」

Kysimdjo
 10月21日の琵琶湖ツーリング以来乗っていませんでしたが、勤務先のメンバーとショートツーリングに出かけました。今回のルート記録も前回同様、SONYのGPS-CS1を使ってログを取り、Goole Earthに表示してみました。

 8時30分頃に自宅を出て、道の駅「かなん」に9時40分頃に到着した。予定の10時に8台が集合し、いざ出発!となるところでしたが、1台のリアタイヤに釘がブスリと刺さっていることが発見されてバイク屋さんへ向かったので7台で目的地へ向けて出発。

 途中で1台が合流し、8台で和歌山県かつらき町の「蔵乃湯」へ11時過ぎに到着。温泉を上がって、昼食に向かうところで、パンク修理を終えた1台が到着。

 昼食を終え、正月休み用に地ビールを土産に買い、同じルートで戻るみんなとはここで別れて、西へ進路を取って道の駅へ寄りながらスタンプラリーのスタンプをゲットしながら自宅へ向かった。

 近畿道を北上中にちょっと雨がぱらついてきたが、時間が少し早かったのでディーラーへ寄ってOILとエレメントを交換して17時20分頃に帰宅。

 昼間は思ったほどの寒さではなく、電熱ベストを着て行きましたがスイッチを入れる必要もなかったし、グリップヒーターも殆ど使わなかった。これでも12月下旬か?

 冬場のツーリングにちょうど良い約240kmで、走り納めが出来てました。今年はもう乗らずに終わりかなと思っていたが、これでしっかりRTも冬眠に入るだろう(笑)

P.S. クリスマスイブなのに妻をおいて走ってきたのは拙いかなぁ〜? なかなか良かった温泉なので、今度は妻を連れてこようっと。寒いのでRTには乗ってくれないだろうから車だな。

2007年12月23日 (日)

ガレのX'masケーキ

Vw4nunww  クリスマスイブは明日ですが、一足早くX'masケーキを食べました。チキンはさらに早くて、昨夜食べましたが(笑)

 いい年して・・・ケーキか?と言われそうですが、まぁいいじゃないですか。

 先週、地元の「手作りフランス菓子 ガレ」で予約したケーキを取りに行き、自宅で珈琲を淹れて頂きました。柔らかいスポンジで甘さ控えめの美味しいケーキでした。

 あとはX'masプレゼントだ!って思っていたら予定通り、本日届きました。何かというと、それは秘密・・・じゃないですが、また今度書きます。

ポッカのオリジナルRCカー到着

Px_ojzeh
 9月にポッカの缶コーヒーで「第40回東京モーターショー2007開催記念 オリジナルRCカープレゼント!」が当たったことを日記に書きましたが先日送られてきました。

 トヨタコースのFT−HSです。もう少し大きいかなと思っていたが、1/35スケールだとこんなものか。
 ちょっと試しに動かしてみたいが、電池は自分で用意しろってか。しかも、コントローラーは9Vの電池。単3電池だけならムダにならないが、9V電池じゃ他に使うものが無いので、再び箱に入れて仕舞っておこう。・・・と言う訳で、お蔵入りだな。

2007年12月20日 (木)

桐野夏生著「I'm sorry, mama.」

644asczo  桐野さんは「OUT」が有名(TVドラマを見ただけで、読んでいませんが)で知っているんですが、著書を読んだのは初めてかな?
 面白いという種類ではなく、毒々しいグロで、かなり重い作品ですね。

 犯罪者の血筋が本当にそうさせたのか?。 いや、小さな頃から愛情を受けない悪環境下で生まれ育ったのが一番の原因なんだろう。
 それにしても、ここまで残虐行為を平気でする悪女になるのだろうか?・・・怖い。

 どうなっていくのだろうと読み続けると、後半の展開は早く、ちょっと繋がりに無理がありそうなところが気になる。そして、最後の結末は・・・続きは読者が想像するのか。

 桐野さんの作品は得てして重そうですが、これを読み終えて、すぐに桐野作品を読みたいって感じにはなりにくいですね。


 このところ、本の感想ばかりでバイクネタが全然ないな。

2007年12月16日 (日)

海堂 尊著「チーム・バチスタの栄光」

Amq9ixwe  単行本の頃から売れていることは知っていたが、買うタイミングを逸し、結果して文庫本化を待つことになってしまった。
 上下2分冊になっているが、あっという間に読み終えるほど、久々に面白い本でした。

 「バチスタ手術」はTVドラマ「医龍」(今は医龍2)で知って、これはどんな医療小説なんだろう?と興味を持っていたが、医療を舞台にしたミステリーだったとは・・・。だから「このミステリーがすごい!」の大賞受賞作だろ!って突っ込まれそう(笑)

 バチスタチームに起きる連続術中死の謎を愚痴外来の田口講師が本当に解決できるのか、一体どういった展開になるのだろうと思っていたら、思わぬ助っ人?いや、こっちが主役?厚生労働省の役人らしからぬロジカル・モンスターこと白鳥技官が出てきて、一瞬なんじゃこれ、ちょっとついて行けない感覚で、著者が変わったのか?・・・と思う程でしたが、このとんでもないキャラクターが登場してからも読み続けると、ストーリーに少々無理がありそうだが、そんなことを気に留められないほど急展開しながら面白くなった。

 著者は現役の医師なので様々な医療問題もアピールしたかったのだろう。面白かったの一言では終わらせては申し訳ないので・・・、若干ネタバレに近くなるが、術死2例目にある「硬膜外チューブを深く挿入しすぎ、さらにマーカインの代わりに純エタノールを注入してしまった」という医療ミスになっているが、本当にそういうこともあるのだろうか?やっぱり怖い話だ。
 続編となる「ナイチンゲールの沈黙」と「ジェネラル・ルージュの凱旋」も読んでみたくなったが、文庫本化されるまで我慢出来るかなぁ

 さて、映画化されると帯にあるのでネットで公式サイトを調べたら、白鳥役が阿部寛氏だって?、イメージ違うなぁ。それに、田口講師が女性になってしまって竹内結子さんなの? う〜ん・・・どうなんだろう。
 

2007年12月10日 (月)

雉雲ほのか著「クランク・クランク・クランク」

Icijbozs  アマゾン.comで別の本を探していて、表紙がバイクの本が目に留まり「後ろのシートになにを乗せよう? 守りたい人、大切な想い、ささやかな夢とたくさんの感謝。ライダー候補生とその周囲の人々の織りなす、切なくも温かな3つのストーリー 」という宣伝文句に惹かれて、ポチっとクリックして注文した。

 昨日の午後、ノンビリと珈琲を飲みながらも数時間で読み終えてしまった。関西の二輪教習所を舞台にしたラブストーリーものであるが、ハッピーエンドでなく切ない部分もある。もう少し長編にして欲しかったな。

 私がバイクの免許を取った頃は二輪の教習所などはなく、試験場でぶっつけ本番だったので、未だに我流の運転であるが、教習所で習ったら「パイロンスラローム」、「S字」、「クランク」などで基礎がきっちり身に付くかな。

2007年12月 9日 (日)

RTのタコメーターが冬眠?

 RTに全然乗っていない日が続いている。いつもバッテリーDOCが繋いであるとはいえ、たまにはエンジンを回さねばと思いエンジン始動させる。

 元気よくセルも回り、エンジンはご機嫌に回っている・・・が、よく見るとタコメータはお休みだ。
 お〜い、どうした?とコンコンと軽くノックしたら復帰。その後は、スロットルに応じてちゃんと動くので接触不良かな?。

 スピードメーターじゃないから整備不良で捕まるってこともないだろうが、このところ乗っていないので拗ねたかな。それとも主人同様冬眠に入るのか?

 ガソリン代も高いし、あてもなく走るのはちょっと勿体ないが、今度、今年の走り納めで近場の散策でもしようか。