フォトアルバム

ブログパーツ

  • ウェザーニュース
  • BMW BLOG RING
    BMW BLOG RING
    [前へ]  [次へ]
    BMW BLOG RING  [Random] 

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« 梅と・・・君の名は? | メイン | 「ムンク展」と「灘の生一本」 »

2008年3月 3日 (月)

そうだ、京都へ行こう(笑)

Keyj1n3z
 今日は有給休暇消化のため休みなんですが、昨夕になって「映画を見に行くか、それとも、どこかへ行こうか?」と妻と相談していたのですが、これと言って決まらず、結局、寝る頃になって「某所の美術館へ行こう」決めました。

 起床後、念のためネットで確認したら、今日は月曜日なので休館日だ。ガーン、それじゃどこか行く所はないかな?と観光案内などを見ていたら、京都の「三十三間堂」が三月三日の「三」並びの日に合わせて無料開放とのこと。

 三十三間堂はもう何度か拝観しているが、折角だから、急きょ某宣伝みたいに「そうだ、京都へ行こう」と言うことになりました。もっとも、私は通勤で毎日のように行っているんですが(笑)

 「ももの法要」として本日のみ、特設の高壇が設けられており、いつも見ることができない千体仏を高い位置から見ることができ、おぉ感激!ありがたや(合掌)・・・やっぱり年をとってきて、仏が分かるようになってきたのだろうか?ただ単に、いつもと違った視点で見られて感激しただけって話もあるが。

 その後、南禅寺近くへ行って昼食。やっぱりこの時期なら湯豆腐かということで、今まで食べたことがない店を試してみた。それなりに美味しいのですが、カセットコンロに湯豆腐では雰囲気が減点と豆腐の食感がなんとなく柔らかすぎのような気がした。やっぱり、いつもの店にすべきだったか。

 その後、この時期「大涅槃図」が特別公開されている「真如堂」へ向かいました。実は涅槃図ってどんなものか良く知らずに行ったのですが、お釈迦様が入滅(亡くなった)した時の様子を絵にしたものなんですね、勉強になった。それにしても6m×4mという大きさに見とれてしまう。

 また、特別拝観料を支払ったら「花供曽」をいただいた。何かというとお菓子で「正月に本尊に供えた鏡餅のお下がりを小さく刻んで軽く焼き、黒砂糖を絡めたもの」で、これを食べると無病息災で過ごせるそうです。
 帰ってきて早速いただきましたが美味しいです。これで無病息災なら文句ない。300円でも売っていたので、拝観料が事実上半額になったと言うことでラッキーでした(笑)

 右下の写真に写っている「豆」のように見えるものが「花供曽」です・・・どう読むかって?「はなくそ」(笑)だそうです。仏さまへの供物を意味する「花供御(はなくご)」から来ているのではないかという話です。

 さて、今日はご存じ「ひな祭り」なので、最後は「人形の寺」として有名らしい「宝鏡寺」へ向かう。これまた期間限定の春の人形展を見に行った。御所ゆかりの雛人形などが多く飾ってありましたが、よくあんなに古い人形が残っていたものだと感心する。

 妻は「いくつになっても、雛人形を見ると、ワァ〜って感激する」そうです。やっぱり男性と女性は違うもんですね。

 ちなみに写真左下が唯一、写真撮影可の部屋にあった江戸時代後期の人形です。

P.S. 行けなかった美術館の開催は今月末までなので、土日に行くかな。

コメント

さっすが、京都は詳しい予備知識もなく?何ヵ寺かをすっと回れるのですからもちろん愛車RTでですよねでないと、駐車料金がもったいないです

hanasaku さん コメントありがとうございます。 京都はとてもじゃないが詳しいとは言えません。だから有名処ばかり廻ることになってしまいます。 でも、四季折々見られるモノが違ったり、年と共に仏像などを見て感じ方が違ってきたりして飽きませんね。 》もちろん愛車RTでですよね  雨が降る予報でしたので、電車で行きました。私は定期券なので京都までの費用が要りませんしね。

コメントを投稿