フォトアルバム

ブログパーツ

  • ウェザーニュース
  • BMW BLOG RING
    BMW BLOG RING
    [前へ]  [次へ]
    BMW BLOG RING  [Random] 

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« そうだ、京都へ行こう(笑) | メイン | 内田正洋著「海とオートバイ」 »

2008年3月 8日 (土)

「ムンク展」と「灘の生一本」

 教養アップのため、たまには美術鑑賞を・・・そんなの似合わない!って話は無視して続けるとしよう。実はひな祭りの日に行こうとしたのですが、月曜休館だったので、妻と一緒に朝一番から行ってきました。
Gprcgjl4
 行った先は左の写真の通り、兵庫県立美術館で開催されている「ムンク展」です。
 誰もが知っている有名な「叫び」はないが、ムンク独特の絵をしっかり観賞してきました。

 オスロ大学講堂にある本物を見てみたいものです。きっと、その大きさからしても、もっと感動するだろう。また、フレイア・チョコレート工場の食堂にも工場労働者の家族や子供たちが描かれた絵があると知りました。
 1920年代初めにムンクの絵を飾れるほどの食堂を持ったチョコレート工場があったとは・・・日本じゃ戦後のギブミー・チョコレートの方が有名のような気がするが(笑)おっと、話が脱線してしまった。
 当時は男女別の社員食堂で、女性用食堂だけ完成させたとのこと。ムンクは女性好きだったのか(笑)
 ビデオで大学講堂やチョコレート工場の様子を見ることができましたが、ムンクの絵を見ながら食事ができるなんて凄いですね。

 展示室を出たところにノートパソコンが置いてあり、5種類のムンクの絵が自分のパソコンや携帯電話にメール送信できるようになっていました。世の中変わりましたね。

 その一つが左の写真です。著作権など使用に関する注意書きもなかったので、加工等しなければブログにアップしても良いのだろう?と判断しています。・・・念のため小さい方にしておこうっと。
 ちなみに「叫び」と並んで有名な「不安」です

Zuxswlhe  さて、美術館を出た後は、灘まで行くので何かないかな?と予めネットで探してあった「灘の酒蔵探訪 2008 酒蔵スタンプラリー」をしてみることにした。
 思っていたより多く歩くことになったが、電車で行っているので、しっかり試飲を楽しんできました。
 ムンク展が本当の目的だったか、酒蔵探訪が目的だったのか・・・それは神のみぞ知る(笑)
 試飲サービスが良かった酒蔵で、限定醸造の無濾過一番搾りの生原酒をお土産に買ってきました。最近は焼酎やウィスキーではなく、日本酒に凝っている感じだな。


コメント

行ってこられたのですね。行こうと思っておりますが、まだ行きそびれております。

まるちゃん さん コメントありがとうございます。 平日だったらもっとゆったりと出来たのでしょうが、こうした美術鑑賞も良いですよね。 今月末までなので、ぜひどうぞ。

ムンクと灘の生一本を絡めるなんぞは、hideさんらしくてよろしいですね(笑)hanasakuは、後者はともかくとてもじゃないがまねは出来ません

hanasaku さん コメントありがとうございます。 折角、兵庫県立美術館近くでやっているスタンプラリーでしたから、参加すべきだろうと考えました。 そうしたら、試飲させてくれるので、ちょっと味見して、そうするとやっぱり買って帰ろう・・・ってごく自然な流れです(笑) 一度に数軒廻ると酒蔵によってお客へのサービスが違うのがよく分かって良いです。

コメントを投稿