フォトアルバム

ブログパーツ

  • ウェザーニュース
  • BMW BLOG RING
    BMW BLOG RING
    [前へ]  [次へ]
    BMW BLOG RING  [Random] 

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« 「秘蔵酒」がやってきた | メイン | 花村萬月著「自由に至る旅 - オートバイの魅力・野宿の愉しみ」 »

2008年12月 6日 (土)

真保裕一(著)「灰色の北壁」

_s  頂いた本の一冊です。長編なのかなと思っていたが、表題作の「灰色の北壁」を含めて三編が収録されていたので、一編ごとはさほど長くなかった。

 分野としはこれもミステリーになるのだろうか?ちょっと違うような気がする(真保さんの場合、どうしても「ホワイトアウト」のイメージが強いからだろうか?)が、どれも登場人物の心を描くことに力を注いである作品ですね。

 表題作の「灰色の北壁」ももちろん良かったが、個人的には「黒部の羆」が最後に、えっ?今までのは過去の話だったのか・・・・って、映画のような書き方になっていて一番気に入った。
 「雪の慰霊碑」はどちらかと言えば、もう少し長編で書いて欲しかった。

 いずれの作品も意外な真実が最後に分かるってことからすれば、やっぱりミステリーなのかな。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348581/17346572

真保裕一(著)「灰色の北壁」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿