フォトアルバム

ブログパーツ

  • ウェザーニュース
  • BMW BLOG RING
    BMW BLOG RING
    [前へ]  [次へ]
    BMW BLOG RING  [Random] 

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« 深海うなぎ | メイン | 午前中に50km »

2010年3月28日 (日)

真保 裕一(著)「追伸」

 以前、hanasakuさんの奥様から頂いた本です(読むのが遅くなって申し訳ありません)。
 真保さんは個人的に「ホワイトアウト」の印象が強いのですが、これは風変わりと言うか新たな手法の本ですね。

 妻がギリシャにいる夫に離婚を切り出す手紙から物語が始まり、てっきり、このあと主人公達が登場してくると思いながら読み続けると、その妻の祖父母がやりとりした手紙のコピーを主人公が読むことになる。

 結局、最初から最後まで手紙のやりとりなのですが、なぜ妻は日本に残っているのか、そしてなぜ離婚を言い出したのかなど色々な謎が手紙を読んでいって明らかになってくる。

 手紙でのやりとりだけで作られているから仕方がないかも知れないが、ちょっとくどかった気もする。 手紙が関係している作品で比べると東野圭吾さんの「手紙」の方が感動したな。 タイトルを「追伸」としている意味は…う~む、我が読解力は相変わらず足らんな。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348581/23720298

真保 裕一(著)「追伸」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿