フォトアルバム

ブログパーツ

  • ウェザーニュース
  • BMW BLOG RING
    BMW BLOG RING
    [前へ]  [次へ]
    BMW BLOG RING  [Random] 

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« 2012年8月 | メイン | 2012年10月 »

2012年9月に作成された記事

2012年9月29日 (土)

PANTOで有馬街道トレーニング

 台風接近で今ひとつの天気ですが、午前中は雨の心配も無いし、先週は走らなかったので性懲りも無く、午前中だけPANTOで有馬街道をひとっ走りしてきました。 

120929_16_36_52_s
 
 何となく脚が重く感じたのは気のせいだろうか? それとも、出張続きの疲れか?
 本日の走行距離:約52km
 
 
 話は変わって、明日は下の写真にあるnikoさんのライブを聴きに行くのですが、気になるのは台風だが・・・大したことないと良いのだが。
Niko_s

 

2012年9月24日 (月)

コウノトリチャレンジライドin但馬の写真

 今月初めに参加した“コウノトリチャレンジライドin但馬”で走っていた姿を撮影された写真のうち、まぁ見られるかなぁ~と思った2枚を買ってみました。 

Scan10115_s
 Scan10116_s_2
 データをCDで買えるようでしたが、どうせRAWファイルじゃ無いだろうから、手っ取り早くプリントしたものを買いましたが、天気が良かったときに白いウエアだったとは言え、ハイライトが飛びすぎじゃないっすか?
 このウェアが間に合っていればもう少し違った感じになったかもしれないが、う~む。
 
 そんなことよりも、一枚目は暑いからと言ってファスナー下ろしすぎだ!って感じ。 二枚目はゴール直前の城崎温泉街ですが、まだ余裕の表情のつもり。
 どちらもモンベルのバックがあるとちょっとかっこ悪い?
 
 ちなみに、2枚共、A4サイズのプリントからをスキャンしましたが、オリジナルプリントを見て感じたのはやっぱり、すね毛は剃るべきか。

2012年9月23日 (日)

Today's dinner

 本日は・・・とある記念日たったので、近場ですが妻とディナーを楽しんできました。
 
 ここまで○○年、色々ありましたが、概ね楽しい日々が続いています。

120923_22_52_51_s
 この先も笑って楽しく行きたいと思います。
 

2012年9月22日 (土)

あやべ温泉タンデムツーリングレポ

 まだ街中で渋滞に遭うとちょっと暑いが、そんなこと言っていると知らない間に寒くなって、秋のバイクシーズンが終わっていた(涙)。なんてことになりかねないので、今週も近場ですがタンデムツーリングしてきました。
 
 今回の行き先は『あやべ温泉』。 温泉が目当てと言うより、以前から気になっていた蕎麦屋さんへ行ってみようと言うのが本音なんですけど。
 およそ四百年前に建てられた古民家で営業している、その名も『そば 四百年家』です。 メニューは“セイロ蒸しそば”だけなんですが、この時期は“ざるそば”も作っているようです。
 私は寒い時期でも“ざる”が好きですが、折角なので“セイロ蒸しそば”を注文。
 
 しっかりした作りの蓋付きのセイロで出てきますので、玉手箱のようです(笑)。 そして蓋を開けてビックリ…と言うのは大げさですが、セイロの材料であるサワラと蒸 された蕎麦の香りが良いのです。
 
 写真なんか撮っていないで(ちゃんと撮ってるじゃん)冷えぬうちに、お店のお薦め通り、まずは薬味を入れずにつゆを付けて一口。おぉ美味!。 蕎麦がモチモチしていて美味しい。 あっという間に平らげました。
120922_20_37_28_s_2
 
 蕎麦を食べた後は、温泉ですが、今日は「2012里山サイクリングin綾部」が開催されており、あやべ温泉がスタート・ゴール地点。 早々とゴールした皆さんが温泉に入っているようですが、まだ大混雑と言うほどになっておらず助かった。
 
 浴場内はレーパン焼けした足の持ち主が多い。かくいう私も足がレーパン焼けしているので、参加者の一人みたいだ(笑)
 
 お風呂を上がったら、脱衣ロッカーが一杯で入れず順番待ちしているサイクリング参加者がいたので、グッドタイミングでした。
 
 お風呂を上がって一休みして帰路につきますが、どこかでお茶でも飲まないとタンデムシートに座っている妻が居眠りしてヘルメットで頭突きしてくるからなぁ~なんて思っていたら、本当に後ろから一発ガーンとしてきた。 不意打ち食らわされるのでビックリする。
 
 篠山まで戻ったところで、以前、ネットで見たことがある『江戸親伝』へ寄ってみることにした。 アンティークなものが多く、なかなか面白いお店でした。
 ビンテージのBMW R-20に跨がっても良いとは太っ腹。
 
120922_20_43_04_s
 
 ノンビリしていたら帰宅が18時になっちゃいましたが、全体に気持ちの良い気温の中でのツーリングでした。 本日の走行距離:224km
 
 20120922_map_s

2012年9月17日 (月)

妙見山ポタリング

120916_21_25_48_s 

 昨日分の記事です。  14日(金)、15日(土)の二日間はRTでタンデムツーリングしていましたので、少し朝寝をしていましたが、天気予報では17日(月)の方が悪い感じでしたので、FELTで軽く走ってこようと思って11時頃から性懲りもなく妙見山へ。
 
 陽が当たるとまだ暑いが、さすがに以前よりは弱くなっている感じ。 走っていても真夏の頃ほどバテて来ません。
 
 台風の影響だろうか、風が吹いて気持ち良い。時折、向かい風になるのは困るのだが(笑)
 
 いつものように箕面駅方面から、箕面川ダム~高山~豊能へ。R423の金石橋交差点の信号でストップして、水分補給をしようとシートチューブのドリンクに手を伸ばすと・・・右手が空を切る。
 うん?と見るとボトルゲージからドリンクが消えている。
 
  はて、最初から持って来なかった? もしかしてアルツか? そんなことはない。箕面ビジターセンターのところで休憩した際には飲んでいるのは覚えているから。
 
 高山からの下り坂で路面の段差で跳ねた時に落ちた? 軽快に下りすぎたか? 自転車用のドリンクボトルじゃなく、保冷機能の高いサーモスのボトルだからボトルゲージから抜けやすいのが難点。(POLARボトルでも夏場はすぐに生温くなるから嫌いなんです)
 
 さて、どうしようかと30秒ほど悩みましたが、どこへ転がっていったか判らないだろうから、探しに上って行くのはやめました。こういうことは諦めが肝心。と言うより、折角、降りてきた道を上る気にならないだけか(汗)
 
 ダウンチューブに付けてきたボトルがあるから、妙見山へ上るのは大丈夫です。こっちはTOPEAKのModula Java Cageなので少々跳ねても大丈夫。少々かっこ悪いですけど、実用本位で使っています。
 
 ・・・と、ここまで書いて、今更ながら考えると、ビジターセンターで飲んだときに腰掛けていた石の横に置いた覚えは確かにあるが、それをちゃんとゲージに戻した記憶が・・・。 やっぱりアルツか?(涙)
 う~む、下り坂で跳ねて無くなったことにしておこう。 それが一番丸く収まる(爆)
 
 
 こんなことをいつまでもクヨクヨ引きずっていてはいけないので、話を変えよう。 ボトルを取りに戻ろうかと高山方面を振り返った際に空を見ると、やけに暗い。
 
Screenshot_20120916121412_3  えっもしかして雨? とスマホを取り出して確認すると確かに降っているようだ。 妙見山方面は青空なんだけど、こっちへ来るのだろうか。
 
 今日はここで諦めてR423で戻るか、それとも頂上へ逃げ切るか。(下り坂ならいざ知らず、頂上へ登る前に追いつかれる可能性が高いのに、ワイルドだぜぇ~)
 
 終盤で少し降られるかも知れないが、頂上を目指そうと腹を決めて上り始めます。予想より早く通り追いつかれたのか、途中でパラパラしましたが程なく雨が上がり、頂上へ着いたときには青空でした。
 雨雲が追い越していったと言うより、雨雲が弱くなっていったようでした。
 
 雨から逃げるぞ!という思いもあったせいか、今までで一番早く上れた?気がする。
 頂上で一休みして、柚子サイダー2本をお土産に買って帰宅しました。
 
 
 それにしても、今日はいつもの妙見山より楽だった。やっと、慣れてきた?  気温も落ち着いてきたので、次は久々に六甲山か。
 
 本日の距離:約52km

山陰タンデムツーリングレポ

_sdsc012072
 14日の金曜日、なんとか最後の夏期休暇が取れたので妻と一泊二日のタンデムツーリングに出かけました。 ツーリングというと、今までは信州や飛騨へ行くことが多かったが、最近は仕事でもよく行くので方角を変えて大山・蒜山にしてみました。
(上の写真は、天気が悪いわけではなく、PhotoshopのHDRトーンで遊んでみただけです。)
 
 西宮名塩SAでモーニングを食べ、平日なのでがら空きの中国道をひたすら西進。佐用町あたりでザッと雨に降られたが、その後は天気も問題なく米子道で蒜山高原SAへ。
 一旦高速を降りて本物の“ひるぜんやきそば”を食べようかと悩んだが、米子まで走って、水木しげるロードへ行くことにしたので、ここでやきそばを食べるが、以前食べた本物とはちょっと違う?気がする。
 
 
 米子ICから境港駅までのR431は Stop & Go の繰り返し、しかも暑かった。 駅の近くの駐車場にRTを駐めて、水木しげるロードを散策。 ソフトクリームを食べ、鬼太郎、ネコ娘、ネズミ男と写真を撮りながらゆっくりと楽しみ、気温も少し下がったところで大山までひとっ走りして、今宵の宿「ペンション日曜日」へチェックイン。
 
_s_120916_21_35_27
 
 お風呂に入って、一休みして夕食。 赤ワインを飲みながら、楽しいディナータイムです。
 
 宿泊客は我々1組だけなので貸し切り状態。 おかげでオーナーさんも色々な話をしてくれました。
 今でこそバイクに乗っていないが、タンデムで北海道を走ったり、バイクで登山口まで行って山を登ったりしていたようです。(う~む、それって、どこかの誰かさん夫妻と似ている?)
 
_s_120916_21_31_15
 
 翌朝は近所のニワトリの鳴き声で思ったより早く目が覚めたので外を散策。すがすがしい気温で気持ち良い。 大山の頂上に雲がかかってはいるが、日が昇れば消えそうな感じ。
 
 美味しい朝食をゆっくり食べ、オーナーさんから「天気予報も変わったようで、雨の心配はなさそうです。蒜山を楽しんで下さい」との言葉をいただいて出発。
 最初うちは見えていた大山の頂上はガスってきたものの、バイクで走るにピッタリの気温の大山パークウェイを快走する。
 
_s_120916_21_58_21
 
 ひるぜんジャージーランドでソフトクリームとヨーグルトを味わい、倉吉から鳥取経由で帰ってきましたが、予想はしていたが鳥取に出るまでに時間がかかったので素直に湯原ICへ向かって米子道で帰ってきた方が早かったな。もっとも、その分、高速代は安く済んだはずだが。
 
_s_120916_22_07_28
 
 帰りの高速は西宮名塩SA辺りで、前が見えにくいほどの強い雨に遭いました。上手く雨域の間を抜けられるかと思ったがちょっと甘かった。
 
Daisen_s
 
 今度は紅葉撮影目的で行ってみようか。
 

2012年9月 9日 (日)

写真展、鶴橋散策、そして焼肉

Dsc01051_s  昨日の日記です。 午後から梅田で内田さんの写真展「花の二十四節気」を拝見しました。やっぱりテーマを持ってとり続ける写真はすばらしい。 作品をはじめとして細かい説明など、さすがは内田さん。
 

 私は豊楽会で3枚の作品を作るだけでも大変なのに、24枚もの作品を展示できるのは凄いですね。
 私の写真は・・・機材集めがメイン(笑)と反省? 昼の暑さが落ち着いたら、また写真を撮りに行こっと。
 
  
 その後、JR鶴橋駅でまるちゃんさんとhanasakuさん夫妻と合流して、しばし鶴橋を散策。 キムチに圧倒されそう(笑)
 
  
 ワイコンをつけたX100でスナップ撮影。 ちなみにアップした写真は DxO FilmPack 3 を用いてモノクロやレトロ調に加工してあります。
 
120909_14_25_30
 
120909_14_33_52_4
 

 
散策でお腹もすいたし、お楽しみの焼肉です。
Dsc01066_s_2
 
 
Dsc01077_s_2
 久々に鶴橋で食べましたが、美味しかった。 お店を出たら、焼き肉のにおいが漂って、駅前も煙っていた気がする。 さすが、恐るべし鶴橋パワー。
 
 まるちゃんさん、いつもながら、幹事役ありがとうございました。
 

2012年9月 7日 (金)

X100用ワイコン

Dsc01049_s 
 FUJIFILM FinePix X100の純正ワイコンを買ってみた。

 これで28mm相当になるし、ノーマルよりバランスが良い感じでフォールディングもしっくりくる。

 暫くはこれを取り付けたままつけたままで使ってみよう。

1週間遅かった

Dsc01048_s  コウノトリチャレンジライド用に注文していたウェアがやっと届きました。
 
 ライドまで約2週間あるから間に合うだろうと思っていたが本日でした。
 
 中国から国際便で送られてきたのにはちょっと吃驚。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2012年9月 4日 (火)

コウノトリチャレンジライドin但馬 総集編?

120904_20_36_06_s_2

 昨年のゴールデンウィークのRTツーリングでも利用した城崎温泉の山本屋に前泊し、チャレンジライド当日(9/2)は早めに起きて、朝風呂に入り、FELTでスタート場所へ。
 
  7時30分からの開会式で、今回の参加者は“北は北海道から、南は大分まで”遠くから来られているらしい。すごいなぁ~ 参加人数は聞きそびれたが、翌朝の新聞によると516名らしい。
 
 8時過ぎ、30名ずつのグループで90秒間隔でスタートし、私は8時7分頃、3番目のグループで出発した。最初から峠越えのコースですが、まだ楽勝?
 
 竹野海岸沿いは地元の皆さんが手を振ってくれたり、昔のギャルや将来のギャルから“がんばってぇ~”声援をくれるので、手を振って応え、足に一層の力が入る。
 
 最初のエイドステーションで、そうめんと梨をいただき、再スタート。しかしながら、コース前半はアップダウンが多く、但馬空港への上りはなかなかハードでした。 但馬空港での給水ポイントはもらった水がちょっと温かったのは残念。
 
 空港を後にしてからは下りとフラットコースで楽勝のうちに、2番目のエイドステーションへ到着。ここでは美味しいおはぎと冷たいバナナとドリンクをいただく。
 
 そして、出石川沿いに走りますが遠くの空がちょっと暗いなぁ~。もしかしたら雨かな?と思って走っていたら、出但トンネルへの上り坂に入る前に突然と少々強めの雨が降ってきた。 それでも向かう先は青空だったし、雷も鳴っていないので、そのまま走りきりました。
 
 時間にして10分間も無かったと思うが、ウェアはかなり濡れました。と言ってもその前に汗をしっかり吸い込んでいるので大して変わらず、火照った体にには気持ちよいくらいでした。
 
 雨が上がったと言うより、雨域を走り抜けたあと、出但トンネルへの上りです。 80km近く走ってから7%の上り坂はなかなか辛かった。 それでもこれを登り切れば残りはほぼフラットコース。 最後のエイドステーションで、竹輪パンとバナナとお茶をいただきいよいよ終盤。
 
 丸山川沿いに出たら、向かい風が出迎えてくれましたが、ラストスパートで最後の給水ポイントの玄武洞へ。ここでの水はちゃんと冷えていて美味しかった。
 ラスト15kmを走りきって、14時40分に115kmを完走し、浴衣に着替えた妻に出迎えられゴールです。 
 
 記念品のTシャツや完走証などをもらい、但馬牛入りカレーを食べて満足。レースじゃないから順位とかはないが、残っていた完走証などから見ると、100番目前後かな?
 

120904_20_21_49_s_2

 
 このアップダウンの多いロングコースを平均時速17kmで走り切ったのは自分としてもかなり頑張ったと思います。
 もっとも、こうしたイベントではなく、自分一人で走っていたらもう1~2時間かかっただろう。
 
 スタッフの皆さん、沿道で応援していただいた皆さんありがとうございました。大変楽しかったです。次回も参加したいな。
 当日も城崎温泉に泊まって心身共に癒やしてきました。