フォトアルバム

ブログパーツ

  • ウェザーニュース
  • BMW BLOG RING
    BMW BLOG RING
    [前へ]  [次へ]
    BMW BLOG RING  [Random] 

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« 2012年9月 | メイン | 2012年11月 »

2012年10月に作成された記事

2012年10月28日 (日)

PENTAX K-5IIs VS 645D 解像度比較

 曽爾高原の散策に持って行った K-5IIs と 645D を比較してみました。 散策の記事はこちら(その1)こちら(その2)をご覧下さい。
 
 二本ボソから倶留尊山を撮った写真を比較してみようと思います。35mm換算でほぼ同じような画角ですが、撮影している時点ではここまで比較するつもりがなかったので、撮影条件にちょっと違う点がありますがご容赦を。

 
645d_vs_k5iis









 
645Dのレンズと撮影データ等
 FA645 33-55mm F4.5AL(55mm側で撮影)、F16、1/80sec、
 ISO感度:200
 
K-5IIsのレンズと撮影データ等
 FA31mm F1.8AL Limited、F9.0、1/100sec、ISO感度:160
  
 どちらも三脚に据えてリモコンでシャッターを切っています。 ただし、FA31mmにはPLフィルターを付けてます。 645用のPLフィルターを持っていくのをのを忘れていました。
 
 それぞれのRAWファイルからホワイトバランスを太陽光、カスタムイメージを風景、露出補正は無しで16bitTIFFファイルに現像後、Photoshopでリサイズして並べてからJPEG保存しました。
 
 さて、どちらがどの機種でしょう。・・・って、リサイズしたら、解像度の違いなんて分からないでしょうが、片方はPLフィルターがついているので色の違いで分かってしまうか。
  
 
 これでは肝心な解像度比較にはならないので、先ほどのTIFFファイルからそれぞれ山頂付近をピクセル等倍で切り出してから並べてみました。
645d_vs_k5iis_2










 
 あれ?、明確な差は?。 何か比較するやり方が間違っているのか? K-5IIsがうわさ通り良いのか、645Dは絞りすぎたのか、どうなんだろう。
 画面上でさらに拡大すれば645Dの方が良いと思うが、それは贔屓目に見ているからだろうか(笑)
 
 もっとも、イメージサイズが違うのでA2クラスに印刷したときは、645Dの方が有利だろうね。そうじゃなきゃ納得いかんぞ。 と言ってもA2プリンタは持っていないけどね。
 
 やっぱり、同じレンズを付けて、撮影設定も揃えて比較すべきだろうか。
 
 

秋の曽爾高原~倶留尊山(その2)

 先の記事曽爾高原散策の続きです。 日没まではまだ1時間くらいはありそうですが、どこが綺麗に見える位置かよく分かりませんので、とりあえず既にカメラマンが何人か並んでいる近くに三脚を立てて 645D を据えて待ちます。 この際ですから K-5IIs は手持ちで撮ってみましょう。

101

















 とりあえず、こんな場所ですが、もう少し高い位置から、ススキがたくさん入る場所の方が良かったのかも? 初めて撮影に来る場所はよく分かりません。これは FISH-EYE なので、ちょっと誇張されていますけどね。

 まずはK-5IIsで撮ったのを3枚。
102_2



























103_2 104_2







 続いて645Dで撮ったのを3枚。
201_4




















202_4 203_4









 
 もっと真っ赤な夕陽だと嬉しいが、一回来たくらいで簡単に出会えたら大変だ。日が沈んでからも暫く粘ってみましたが、引き上げましょう。
 
 と言いながら、辺りはすっかり真っ暗。 それにめげずにもう二コマ。

301_2 302_2









 
 さすがに日が沈んでからは一気に気温が落ちました。お亀の湯でしっかり温まってから、夕食を食べ、曽爾高原ビールの3本セットを買って帰りました。
401_2 402_2










 夕陽撮影には望遠系があっても良かった感じがするのと、もう少し高さが欲しかったので、今度行くことがあるなら、夕陽用にはもう一回り大きい三脚とミニ脚立を車に積んでおくのが良いかもしれない。
 
 

 ガーミンのログをルートラボにアップしたら約7km歩いている。 二本ボソと倶留尊山の標高差は確かに約40mだが、一旦降りたところからだと約110m上っている訳か。

秋の曽爾高原~倶留尊山(その1)

002  26日(金)の日記です。休暇を取って秋の曽爾高原へ出かけました。 珍しく?私の休みと天気がシンクロしたのは嬉しいです。

000 お亀の湯には一度行ったことがありますが、曽爾高原まで来るのは初めて。 主目的は夕陽撮影です。 平日なら駐車場が一杯になることは無いかな?とは思うが、午前中から行くことにした。
 
 10:30頃に到着。ちょっと早いが、散策前に軽く“うどん”と“おでん”を腹に入れておく。
 
 本日のお供は K-5IIs と 645D 。 初めての場所なのでレンズは何を持っていくべきか悩んだが基本は広角系です。
 デジイチ2台と中型の三脚も持って歩くと暑いくらいの良い天気で、風も無いので撮影にはもってこいです。
 
 ススキの穂がもう少し開いた方が綺麗かも知れませんが、しがないサラリーマンがそんなタイミング良くは来れません。

645d2308_s004
003







005
 
 ススキの写真を撮りながら、亀山峠まで登って、上からの全景を楽しむ。 さて、ここでじっとしていてもしかたがないので、二本ボソへ行ってみよう。
 
 パンフレットを見ると、その先の倶留尊山へは入山料が要るらしい。まぁ、二本ボソまで行ってから考えることにしよう。
 
 石が多くて歩きにくいが、大したことはない。 ただし、途中から林間となり景色は楽しめないなぁなんて思っている間に、料金所?に到着。 なんだ、二本ボソって何の看板も無いのか?
 
 まだ夕陽まではかなり時間はあるから、倶留尊山まで行ってみるか。 パンフを見ればここから30分とあるし、残り40m程上るだけだしなぁ~。と思って入山料500円を支払う。
 ちょっと歩いたところで、二本ボソの看板がある。なんだここかと思うが、はて?この先の道は下っていてここが頂上のように思えるが倶留尊山はいずこ?

 うん? もしかして、向こうに見える山がそうなのか? 一旦降りて、上るのか。 念のためガーミンを取り出して地図を確認すると、そのとおりらしい。(右側の写真が“二本ボソ”から見た“倶留尊山“ここから見た紅葉は綺麗でした)
008 009










 その時になって気づいたが、たかが約40m上るのに30分もかかるはずないか。 どおりで他のコースは上りと下りの時間それぞれ書いてあるが、ここは30分としか書いてない訳だ。
 
 K-5IIsは首からかけたままでも大丈夫だろうが、ちょっと道が厳しそうそうなので、万一のことを考えて肩にかけていた645Dをリュックに詰める。 ちなみに、万一のことって、“自分の怪我”と“645Dを壊す”のどっちを考えたでしょうか・・・正解は秘密です(笑) 
 
 倶留尊山への道も景色が楽しめるところがほとんど無い上に、大きな石があったり、所々ロープが張ってあるくらいの勾配もある。
 両手が空いていれば何のことはないが、ストラップで肩掛けしている三脚が少々邪魔っ気だ。三脚も付けられるリュックで来れば良かった。
 余談ですが、今回は妻は同行していません。もしいたら・・・ブーイングの嵐だったか?(笑)
 
Dsc01710_s_2 012 
 頂上では二本ボソ方面がよく見えてなかなか気持ちがいいです。さすがは三百名山のひとつか? それでも、百名山には入れないってことか(笑)
  
 今来た道を降りてまた二本ボソへ上るのか。う~むって感じですね。(写真の手前にある黒っぽい山が“二本ボソ”です)
011_2


















 
 そんなことを言ってても始まらないので、曽爾高原まで戻って、夕陽を待つことにするが、今は暖かくても日が落ちだすと冷えてくるといけないので、一旦駐車場へ戻ってトイレを済ませる。
 
 013
 さて、どこで夕陽を狙えば良いのか? パンフレットにある“夕景が楽しめる場所”へ行ってみる。 既に何人かの方が三脚を据えているので、似たようなところに据えて綺麗な夕陽が出ることを祈ります。
 
 意外と長くなったので、次へ続く。

2012年10月27日 (土)

FELTで有馬街道トレーニング

 昨日、曽爾高原を散策した日記をまだ書いていないが、先に今日の日記を書いてしまおうっと(^^;

Dsc01720_2_s










 明日は天気が悪く自転車に乗れないと思うので、昨日、曽爾高原でかなり歩いたが今日走ることにしました。
 
 途中で昨日の疲れが出ると困るので軽めにしておこうと、有馬温泉は経由せず“山のパン屋”さんへ直行。
 写真の手前に写っているBMW写真はお店のオーナーのBMWだと思います。
 

Dsc01718_s




















  
 ホットコーヒーを飲みながらあんパンを食べて一休みするが、昨日の疲れも出ていないし、まだ時間も早いのであんパンのカロリーを消化しようと船坂小学校前から県道82号線で西宮市側へもう一山(峠)を越えることにしました。
 
 このルートはかなり前に走ったことがあるが、六甲ミツバチハニー農場付近の坂は相変わらずきつい。 あのときは途中で一休みしたはずだが、今回はなんとかノンストップで登り切れました。
 
 
 
本日の走行距離:約50km 逆回りも手強そうなコースだが一度チャレンジしてみよう。
 

2012年10月21日 (日)

中之島公園でPENTAX K-5IIs のテスト

_s_k5s_0091  天気も良いので購入した K-5IIs のテストを兼ねて中之島公園まで出かけました。
 使い方は645Dとほぼ同じメニュー構成なのでマニュアルはほとんど読んでません(^^; いつものことで、使えばそのうち分かる。

 

ちょうど今日まで“水都大阪フェス2012「水辺のまちあそび」”のイベントを開催しており、ラバーダックも浮いています。
 久々に元気な姿を見ました(笑) 以前は冬場のライトアップの時に見たが、昼間に見ると一段とユーモアがあって優しい感じがする。

_s_k5s_0011









































_s_k5s_0015_2 _s_k5s_0019








_s_k5s_0025










































 

 バラ園を散策しながらレンズを変えながらテストしました。 確かにAFは早くなった感じがする。もっとも私は K-7 からの変更ですので一段と感じるのかも。
 液晶は屋外で日が当たっていても見やすい。とは言っても、拡大してもピントの正確な確認までは?・・・こんなものかな。

_s_k5s_0076 _s_k5s_0054
_s_k5s_0071

_s_k5s_0124

_s_k5s_0148 _s_k5s_0153 撮影結果は良いと思います。露出も任せておいてかなり安心できそう。K-7に比べて逆光にも強くなった感じがします。

 ただし、気になったのは途中で固まってしまい、電源スイッチをオフにしても電源が落ちない状態になり、やむを得ずバッテリーを抜きました。 何が原因だろうか?、再発しないことを祈ります。

 噂のローパスフィルターレスによる解像度はどうなんでしょう。何枚か貼り付けましたが、リサイズしたからあまり意味ないですね。

 何か別の機種で一緒にとって比べないとよく分からん。 しかも、比較するなら同じレンズじゃないとダメだろうから、時間があれば 645 のレンズをマウントアダプタで 7D と K-5IIs に付けて比べてみるか。

 他の写真もちょっと貼り付けます。

_s_k5s_0158 _s_k5s_0159
_s_k5s_0165





_s_k5s_0167











 ホワイトバランスはオートで撮りましたが、大外れすることも無くまずまずの色か。

 
_s_k5s_0174 _s_k5s_0176 _s_k5s_0181














 今年は 645D と K-5IIs のペンタ軍団で紅葉写真を撮りに行こうかな。
 

2012年10月20日 (土)

New Training Course?(宝塚~十万辻~猪名川)

Dsc01679_s 昨日購入した K-5IIs のテスト日和。と言うことは自転車日和でもある。(必ずイコールってことも無いが) もちろんオートバイ日和でもあるが、RTは先週しっかり走ったので、今週は休んでも良いだろう。

 自転車でフラットなコースを走るならデジイチを持って行ってもさほど重量を感じないかも知れないが、さすがにレンズを何本も持っていくのは無理があるし、それじゃつまんねぇ~ 

 つまらない理由は、レンズ本数の話か、フラットなコースの話か?・・・それはきっと両方だな。

 そんなこと考えるより、明日も天気が良さそうなのでカメラテストは明日に先送りし、今日は自転車です。と言っても、朝寝して、ブランチを済ませて出発したのは11時なので、山のパン屋か妙見山が順当なトレーニングコースですが、今回は新しいコースにチャレンジしてみました。

 新しいと言っても、逆ルートなら2回ほど走ったことがあるんですが、先日、ららさんに教えていただいた宝塚の生瀬橋から十万辻を越えて西谷ふれあい夢プラザを目指します。

(トップの写真は十万辻トンネルを過ぎて軽快に下っていた途中で見た風景です。秋ですねぇ~)

 以前、逆ルートで県道33号線を下ってきたときはダンプカーが多いコースって気がしたが、今日はさほど多くなかった感じでした。 道幅が余り広くない上りの途中で、すぐ横を追い越されるのは怖いっすからねぇ~

 
 初めてだから、一段と感じるのかも知れないが、やっぱり生瀬橋から十万辻トンネルへの上り坂もきついな。 とても関西ヒルクライムTTに載っている人には敵わないですね。
 今日はPANTOでしたが、FELTで来ても私のパワーでは大して変わらないだろうし。
 
 
 なんだかんだと言いながら、西谷ふれあい夢プラザに無事到着。 
Dsc01681_s






 
 さて、話は変わって、目的はトレーニングの他にもあって、酒の肴に枝豆を買うのです。・・・実はこれが主目的だったりして。
 そんなわけで、西谷ふれあい夢プラザで枝豆をゲット。650円でかなりのボリュームがあるので、これはリーズナブルですね。
 
 リーズナブルなことは良いが、フロントバックに収まりそうにない枝豆をどうやって持って帰るって?
_sdsc01684




















 
 
 じゃーん。心配ご無用。こんな時のために、フロントバックにオーストリッチのバックパックライトを入れてきました。
_sdsc01686





















 フロントバックはドラえもんのポケットか?(笑)

_sdsc01682




















 
 ついでにビタミン補給でミカンを一つ(25円)を食べました。冷たくて、思った以上に甘くて美味しかったです。 

 


 本日の走行距離:約54km 時間的にはもう少し走っても良かったのですが、とりあえず50kmは超えているのでよしとしましょう。
 
 

2012年10月19日 (金)

今頃、K-5?・・・いや、K-5 IIs です

Dsc01677_s 
 K-7 を知人に売った頃、気づいたら K-5 が生産終了となっており、なかなか後継機のアナウンスが無かったので、暫くの間、35mm系の PENTAX はレンズだけを所有しているという状態になっていた。

 いっその事、PENTAX は 645D だけ残して、35mm 系レンズを全て処分し、EOS 5D をMark III にするチャンスかも知れないとも頭をよぎった頃、K-5 II の発表があった。
 
 K-3 とか K-2 として後継機が出るのかなと思っていたが・・・う~ん、ちょっと中途半端?

 それでも、ローパスフィルターレスの IIs があったので、こっちを予約しちゃった。

 ということで、本日、仕事帰りに引き取ってきました。 
Dsc01669_s






























 
 
 ローパスフィルターがないと偽色やモアレなどが発生しやすくなると言われるが、645Dで気になったことが無いので私が撮影する対象物では大丈夫でしょう。・・・と勝手に思ってます。
 それにしても、PENTAXって何故ちゃんとしたボディキャップを付属してくれないのだろう?まぁ、持っているから良いんだけど。

Dsc01674_s





























 
 白いキャップじゃ間抜けっぽいので、とりあえずレンズを付けてみました。やっぱり、見た目はK-5と一緒だな。 明後日、テスト撮影してみようっと。

 発売日に入手したカメラって初めてかな? あぁ、これでまたしても 5D Mark III 導入は遠のいた。

 なんで、CanonとPENTAXが要るんだって言う話は消えないなぁ(笑)

2012年10月14日 (日)

広島・四国ツーリング

 久しぶりに職場関係仲間でのグループツーリングに行ってきました。 私が今の職場へ転勤してから、ツーリングの招集しなかったので、メンバーから「最近、ツーリングは?」 と言われてしまった。確かに、前回のツーリングは2011年の5月だからねぇ。自転車ばかり乗っていて、サボりすぎたかも。
  
 そんな訳で、今回は日帰りでは無く、一泊二日のロングツーリングを実施しました。 行き先は私の希望で「大和ミュージアム」です。 グループといっても今回はちょっと少なめの4台です。まぁ、少々寂しいが、多くいても大変ですからねぇ。

_s_121014_20_36_29




























 
 朝8時に西宮名塩SAと三木SAで集合し、4台で山陽道をひた走るが、朝のうちは寒いくらいでした。 予定通り「大和ミュージアム」へ到着。
 「てつのくらじ館」も含めて、しっかり見学して、本日の宿「芸北オークガーデン」へ向かうが、さすがに標高もそこそこあるし、スキー場が近くにあるくらいだから寒かった。
 
 
 日曜日はノープランでしたが、中国道で直帰するのも味気ないなぁ~と言うことで、初日と同じ道だが尾道まで戻って、そこから「しまなみ海道」で今治へ南下してグルッと回ってこようということに決定。
 
 しまなみ海道を通り抜けるだけではつまらないので亀老山へ立ち寄ることにした。 今年の5月、自転車で上ったのは大変でしたがオートバイなら楽勝で駆け上がります。
 5月に食べ損ねた藻塩アイスを食べることができました。
 _s_121014_20_27_14




























 右上のエビは宿の夕食で出た「うちわエビ」です。初めて?食べた。

 宿の食事以外は、サービスエリアで食べることになったのが少々残念だったかも。

2012101314map_s






















  最後の最後、明石海峡大橋を渡ってから雨に降られたが、カッパを着込むほどの雨ではなく良かった。4人とも無事ノントラブルで帰宅でき何よりでした。

 2日間の走行距離は 987km。さすがにロングだったな。

2012年10月 8日 (月)

篠山 秋の買い出しツーリング

Dsc01579_2_s  連休3日目です。今日は本当に天気が良く、土曜日とは違って絶好のツーリング日和。 

 本日の目的は、丹波篠山の“味まつり”へ行って、黒枝豆と丹波栗の買い出しタンデムツーリングです。

 道が混むかなぁ~?と思っていたが、そんなこともなく、あっけないくらいスムーズに篠山へ到着。
 
 バイクウェアを着ていたら暑いくらいなので、まずは“黒豆ジェラート”をいただくことに。 思ったより、あっさりしていて口に残らないのが良いですな。
 
 まだ、お昼に早いが“焼き餅”を食べてから、どこで枝豆を買おうかと篠山の街中を散策する。 結局、ちょっと高いがブランド?の川北産枝豆を購入し、栗もこれまたやや高いが大きめな3Lをゲット。(下の写真に写っている値札の枝豆と栗ではありません。あしからずm(__)m)
 
 一旦、RTを駐めた城跡近くへ戻って枝豆と栗をRTのパニアに収めて、再び味まつり会場へ。 そろそろお昼も近づいたので昼食にしようかと、まずは肉を食べてみよう・・・う~ん、それほど美味しくないぞ。
 少々、固く、あごが疲れる。 口直しに“松茸ご飯”と、“しし肉入り焼きそば”を食べる。こっちの方が美味しい(笑)。
121008_20_32_08_s



























 写真右中と左下の栗は品評会で見かけた綺麗で大きな栗です。

  
 お腹も膨れたので、城跡周辺を少し散歩。 石垣に彼岸花が咲いているのは面白い。こんなところにも咲くんだね。
121008_20_36_24_s




























 綺麗な青空が気持ち良い。 写真右下では妻も石垣の彼岸花を撮影中(笑)
 
 
 帰り道が混むと嫌なので早めの退散。 とは言え、来た道を直帰するのも面白くないので、久々に県道49号線を使って南下する。 この道も一度自転車で走ってみたいが、クマが出てくるようなことはないだろうか?。 クマ除けの鈴をつけて走るか(笑)
 
 最近、自転車で上っていない大坂峠を回って、県道12号線へ戻る。 少々眠いし、一度入ってみようと思っていたカフェ ガレージ アンクルへ立ち寄って、コーヒーブレイク。(トップの写真です)
 ここも時々ライブをしているようなので、機会を見つけて聴きに来よう。 
20121008_s





















 
 本日の走行距離:約107km  折角のツーリング日和でしたがショートでした。まぁ、来週ロングの予定だから良いか。

 今回の3連休はしっかり?遊んだ。 いつもながら、休みの日はあっという間に終わってしまうが、それだけ充実しているってことか。・・・だとすると、あっという間に終わらない仕事の日は?(爆)。

2012年10月 7日 (日)

五月山~妙見山トレーニング

 3連休の2日目。もっと天気が良いのかと思ったが・・・何となく天気予報にだまされている感じ。 それはさておき、いつものように午前中だけ自転車でトレーニングです。
 
 出発時点では気温も低めなので、五月山を上ってもそれほど大汗をかかないだろうと思って久々にアタック。
 たしかに滝のような汗ではないが、上っているときはそれなりに暑い。 その代わり、日の丸展望台で休憩しているときは気持ちが良い。
 
 さて、この先は代わり映えしないが、箕面川ダムから高山経由妙見山か・・・。と走っていたら、上り坂で自動車が後ろからゆっくり近づいてくる。
 左端へ避けているのにさっさと抜いていかない。なんだこの車は?と思っていたら窓を開けて“すいません”と呼び止めさせられた。
 
 一体、何事だろうと思って止まって“はい?”と言うと、“ちょっと良いですか? ○○へはどうやって行くのですか?”だって。
 
 げぇ~~、急坂じゃ無いにしろ、上り坂で止めないでよ。ペースが狂うでしょ・・・って威張るほどのペースで走っていないが(笑)
 
 聞かれた行き先は詳しくは知らないところでしたが、きっとあの辺りだろうと思う道順を教えしたが“ナビがぐるっと回る表示がされているので・・・”だそうです。そんなこと私に言われてもなぁ~。  そして車は楽々と坂道発進して行ってしまった(笑)
 
 箕面川ダム近くで猿が出迎えてくれた。 そういえば、以前にもここで猿をたくさん見かけたのはこの時期だったかな。
 襲ってくることはなさそう・・・と言うより、貧乏ローディーと見破られ、食べ物を持っているようには見えなかった?(笑)
  
 そしていつものコースに入って妙見山へ。 到着した時は気持ちよかったが、能勢ジンジャーエールを飲んで一息ついていたら、曇ってきて雨がパラパラし始め気温も低下。
 スマホを見る限り雨のエリアは大したことないが、ウィンドブレーカーを着て最短コースで帰宅することにした。 

121007_20_15_56_s






















 右上のオス猿は、何いじってんだよ。そんなとこ引っ張るなって(笑)

  
 

 本日の走行距離:約51km