フォトアルバム

ブログパーツ

  • ウェザーニュース
  • BMW BLOG RING
    BMW BLOG RING
    [前へ]  [次へ]
    BMW BLOG RING  [Random] 

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« 2014年10月 | メイン | 2014年12月 »

2014年11月に作成された記事

2014年11月24日 (月)

六甲山へ

三連休初日は車で出かけたし、昨日はRTで走ったし、残すところは自転車だな。と言うことで、最終日はNITLO SLで走ることにしました。

どこへ走りに行くかちょっと悩んだが、久しぶりに六甲山へアタックしてみました。いつものように、宝塚まで行って逆瀬川から上ります。

序盤はほんの少し脚が軽い気がしましたが、結果はいつもと大して変わらない貧脚ぶりでした(^^;
やっぱり、自転車だけではなく、フィットネスで筋トレすべきだな。このところ全く行っていないしな。

2014-11-24_12.04.31_SO-01F 2014-11-24_13.12.40_SO-01F 2014-11-24_13.13.35_DSC-TX300V 2014-11-24_13.40.54_DSC-TX300V
一軒茶屋はハイカーで賑わっていたので、写真は撮らずにもう少し先へ進んだ地点の、大阪方面が見えるところで写真を撮ってUターンしました。

上りは暑かったが、下りは寒かった(笑)


この三連休は天気も良かったので遊んでばっかりだった。


本日の走行距離:約50km

2014年11月23日 (日)

石山寺~宇治の紅葉タンデムツーリング

三連休の中日は「紅葉見物に行こうぜ!」と妻に言ってありましたので、電車で京都か奈良に行こうとか思っていましたが、気温もこの時期にしては比較的高そうなのでRTでタンデムツーリングに変更。
今回は「寒いからイヤ!」とか言ってフラれませんでした(笑)

京都方面の紅葉を見に行こうとは言っても、市内をRTでトロトロ走る気は無いので高速を使ってビューンと滋賀県の石山寺へ向かうことに・・・しかし、初っぱなから名神高速は渋滞していて思ったよりも時間を要することに。

それでも、10時30分過ぎには石山寺の駐車場に到着。既に満車の看板でしたがバイクの駐車スペースには問題ないので、すぐに紅葉見物を開始。

石山寺に入るのは初めてですが、綺麗な紅葉で京都市内の有名な寺院より空いている感じで、しっかり楽しめました。

2014-11-23_10.40.45_X30 2014-11-23_12.03.39_X30 2014-11-23_10.59.28_X30

一番左の写真は大津市観光キャラクターの「おおつ光ルくん」です。
いわゆる、ゆるキャラ?いっしょに記念写真を撮ってもらいましたが、ここへのアップは恥ずかしいので止めておこう

2014-11-23_10.43.13_X30 2014-11-23_10.44.54_X30 2014-11-23_10.46.36_X30 2014-11-23_10.43.53_X30 2014-11-23_10.50.19_DSC-RX100M3

2014-11-23_10.52.21_DSC-RX100M3 2014-11-23_11.01.47_X30 2014-11-23_11.07.14_X30 2014-11-23_11.07.45_X30 2014-11-23_11.07.55_DSC-RX100M3

紅葉を楽しんだ後は、本日の主目的(笑)「志じみめし」をいただきます。

2014-11-23_12.01.50_DSC-RX100M3 2014-11-23_11.36.59_X30 2014-11-23_11.36.44_X30 2014-11-23_12.01.33_DSC-RX100M3

久しぶり(拙作ブログの検索漏れが無ければ9年振りか?)「志じみめし」を食べましたが、美味しいね。

お腹も膨れたので、石山寺を後にして瀬田川沿いのワインディングを楽しみながら、宇治へ向かいます。時々、工事の片側通行で止められれ軽快に走れなかったのは残念でした。

宇治に来るのは久しぶりなので、綺麗になった平等院を見てみようと考えていたのですが、入口には長ぁ~い行列が。

なんだこりゃ?ことで、平等院へ入るのはまたの機会にして、散策してどこかでお茶でもと思ったが、石山寺とは比べものにならないほどの観光客が一杯でお茶はできず、宇治茶を買って、宇治上神社の紅葉を見て帰阪することに。

2014-11-23_13.07.11_X30 2014-11-23_13.23.24_X30 2014-11-23_14.20.52_DSC-RX100M3

2014-11-23_13.35.55_X30 2014-11-23_13.39.00_X30 2014-11-23_13.42.23_X30 2014-11-23_13.53.20_X30 2014-11-23_14.21.26_DSC-RX100M3

お茶することが出来なかったおかげで?帰りの名神も渋滞することも無く、陽が落ちる前に帰宅することができました。


本日の走行距離:約130km (ショートなのでマップは省略っす)

ショートですが、冬場のタンデムはこれくらいがちょうど良いかな?

我が愛馬RTは今日も快調でしたが、そろそろタンデマーは冬眠に入るかも(笑)

2014年11月22日 (土)

曽爾高原へ

今日は語呂合わせによる「いい夫婦の日」。天気も良いので妻をドライブに誘って奈良県の曽爾高原へ。

本当の目的地は「お亀の湯」という話もあるが(^^;
2014-11-22_12.55.16_DSC-RX100M3 
曽爾高原へ行く前に、以前から桜が咲く頃に行ってみたいと思っているが、いつもタイミングを逃している「屏風岩」へ来シーズンの下見?を兼ねて寄ってみた。 
 
駐車場までの道が狭い上に、駐車場もそんなに多くの車を駐められないので、休日の桜撮影はヤバそう?。平日に休暇を取って行くがベターだ φ(..)メモメモ 

2014-11-22_11.12.41_X30 2014-11-22_11.15.38_X30 2014-11-22_12.33.15_X30 2014-11-22_11.53.27_X30 2014-11-22_12.13.48_DSC-RX100M3

今日は雲一つ無い青空で屏風岩の紅葉も綺麗です。
そして、これも以前から一度行ってみたいと思っていた手打ち蕎麦屋さんの「黄色いのれん」で昼食。

お腹も膨れたので、曽爾高原へ。数年前に一人で来た時よりススキが少ないように思うが、前回より時期が1ヶ月近く違い、シーズン終盤でもうススキの穂が飛んで行ってしまったのだろうか?

2014-11-22_13.04.18_X30 2014-11-22_13.06.07_X30 2014-11-22_13.23.58_X30 2014-11-22_13.14.52_DSC-RX100M3

今回は写真を撮りながらお亀池の周りをグルッと回っただけで「お亀の湯」へ。

曽爾高原を散策している人が多そうな時間帯を狙ったつもりだったが、なかなかの混み具合でした。まぁ、3連休で天気も良いからねぇ。

2014-11-22_14.56.23_DSC-RX100M3 2014-11-22_14.58.52_DSC-RX100M3

風呂上がりに「地ビール」が飲みたいところですが、そうは行かないので、地ビールソフトを食べて帰路につきました。

2014年11月16日 (日)

しみず温泉ソロツーリング

先日、ヘルメットを新調したがRTで走る機会を逸していて、このまま真冬になって飾り物になってしまうのは悲しい。ということで、ひとっ走りすることにした。

いつものように、タンデマーも誘ったのですが「寒いからイヤ」と呆気なくフラれたので久々にソロツーリングになりました。まぁ、無理に連れ出して風邪をひかれても困るから良しとするか。

今回は南へ向かうことにして、阪神高速から阪和道へ。岸和田SAで一息いれるが、族っぽいバイクが数多くいて、駐車場も爆音が響き渡っていた。

2014-11-16_10.23.03 2014-11-16_12.34.15 2014-11-16_12.59.27

海南東ICで下りて、いつもの県道18号でワインディングを楽しみながら有田川町へ。
もう少し走って、道の駅「あらぎの里」で昼食(韃靼蕎麦定食)を食べて一休み。

稲刈りも済んでいる時期で写真撮影としてはそんなに良い時期じゃないでしょうが、折角なので「あらぎ島」を見てから「しみず温泉」へ。

2014-11-16_14.00.39 2014-11-16_14.01.35 2014-11-16_14.40.22

温泉で癒して帰路へ。二川ダムを過ぎたところで、対岸に綺麗な紅葉が目についたのでRTを近場に駐めて少しだけ写真撮影。

2014-11-16_14.45.01 2014-11-16_14.47.56 2014-11-16_14.48.29 2014-11-16_14.49.40
なぜ、ここだけあんなに綺麗な紅葉していたのだろう? JPEGではちょっと再現できていない感じなので、RAWから現像しないダメかな。

2014-11-16_16.04.29復路も有田川町から県道18号で海南へ。海南東ICから阪和道へ。
少し眠気がしたので、紀ノ川SAで一休み。珈琲にしようかとも思ったが、梅ソフトを食べて目を覚ますことにする。
この時期のこんな時間にバイクで走ってきてソフトを食べられるのはやっぱりRTだからかな?体に風が当たらないから、そんなに体は冷えていない。

紀ノ川SAを出発して、あっという間に岸和田SAに到着するが、念のため最後の休憩を取ることにする。

駐車場に入っていったら、やけにうるさい。なんと、朝見たのと同じ?族っぽいバイクが一杯。
しかも、朝より多そう。車のドライバーも何なんだ?って顔している。警察はなんで取り締まらないのだろうか?よくわからん。

2014-11-16_map

本日の走行距離:約315km
出発がゆっくりだったので、まぁ、こんなものかな。

2014年11月15日 (土)

久々に山のパン屋へ

先週、PANTOのタイヤを新品に交換をしたが、タイヤの皮剥きをしてない。・・・ってオートバイじゃないから、そんな大げさな必要はないか(笑)

午前中はちょっと用事があったので、昼食後に近場をちょっと走ってタイヤの一皮むくか(クドいって)ということで、久々に山のパン屋までひとっ走りしてきました。

気のせいか、パナレーサーの方が走りが軽いように思ったが、船坂の峠までの時間が変わらないから、やっぱり気のせいだろう(笑)

DSC07514_s DSC07519_s DSC07530_s

毎年この時期は「西宮船坂ビエンナーレ」が開催されていますね。・・・って一度もじっくり見たことがないのですが。

DSC07529_s DSC07523_s DSC07521_s DSC07534_s
二宮金次郎像は作品ではありません_(._.)_
旧船坂小学校にあったので、懐かしくて思わず撮影してました。コンデジがちゃんと顔認識していたな(笑)

山のパン屋で「湯だね食パン」と「ブルーベリーのジャム」を買って帰りました。


本日の走行距離:約43km

屋根の葺替も無事竣工

これも備忘録の一つとして載せておくか。11月6日(木)から始まった我が家の屋根葺き替え工事もちょうど一週間後の11月13日(木)に無事竣工した。

小さいながらも我が家を建ててから早いもので20年以上を経過して、屋根瓦も劣化していたので全面葺き替えと全ての雨樋を交換した。

小さな家で恥ずかしいから全景写真はナシね(笑)

001 002 003 004

005 006 007

今回の瓦は軽くて丈夫な「KMEWのROOGA鉄平」とし、色はストーンオレンジにしてみた。

夏場の暑さが少しでも和らげばと遮熱シートを張り、屋根下地の野地板を2重にして空気の通り道を設け、熱気や湿気を排出する換気棟も取り付けた。

来年の夏、少しでも過ごしやすいことを期待するんだが、そんなに差が出るかは?

品質保証は一般的な10年だが、これでまた20年以上使えるか?その頃、生きていれば70代後半。う~む、 どうするだろう。

工事中の写真の殆どは本日、施工者から保証書と一緒に工事報告として受け取ったものだが、もう少し多く欲しかったな。会社休んで自分で工事管理しながら撮るべきだったか(笑)

2014年11月 8日 (土)

PANTOのタイヤ交換

これまた自分の備忘録として残しておきます。
先日の富士五湖巡りポタリングの相棒にする予定だったPANTOですが、タイヤ側面にひび割れを見つけ、急きょ留守番になってしまったので、Amazonで新しいタイヤを購入して交換しました。

DSC07478_s DSC07500_s DSC00718_s
左側が交換前、中央が交換後、右側が購入したPanaracer Minits Lite PT

PANTOのタイヤ交換は初めてですが、小径タイヤは700Cの交換より大変で、最後の最後はタイヤレバーを使わないとはめられませんでした。

チューブの噛み込みに注意したのに、折角買ったチューブに穴を空けてしまった。

空気を入れる前に挟み込みが無いかチェックしたし、最後にタイヤレバーを使った位置に穴は空いていなかったので、手でタイヤをはめていったところで噛んだようです。あぁ、情けない。

親指の皮も擦りむくし・・・面の皮なら厚いけど?(自爆)

次回からPANTOは自転車屋さんにお願いしようか?・・・そんな弱気だとロングライドできへんな(^^;

DSC07488_s DSC07503_s DSC07505_s

そうそう、気になっていたひび割れですが、一応は表面だけだったようです。とは言え、出先でバーストしたら帰って来られなくなるかもしれないので、換えておいて正解と思うことにします。

このタイヤ(Kenda Kontender HP)は新車購入時から履いていたものなので、約4年間の使用で、走行距離が約2,450kmといったところか。

2014年11月 1日 (土)

浅田 次郎(著)「降霊会の夜」

201410101_book_s

書店の平積みで見かけて、久しぶりに浅田次郎さんの本を読んでみた。

読んでいて、何となく「地下鉄(メトロ)に乗って」を思い出した。

比較的ストーリーの作り方が似ているからどうか?

ただ、前半と後半のつながりが今ひとつな感じがするのは残念だった。