フォトアルバム

ブログパーツ

  • ウェザーニュース
  • BMW BLOG RING
    BMW BLOG RING
    [前へ]  [次へ]
    BMW BLOG RING  [Random] 

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« 2015年5月 | メイン | 2015年7月 »

2015年6月に作成された記事

2015年6月28日 (日)

三室戸寺と勧修寺

来月の写真展ネタはある程度決めたのですが、もう少し粘ってみようと京都の三室戸寺と勧修寺へ行ってみました。

時折、弱い雨がパラつきましたが、晴れてコントラストが強くなるのも困りものですから良かったです。それに暑くなかったし(^^;

三室戸寺のアジサイもそろそろ見納めですね。

7D2_4941_s 7D2_4982_s 7D2_5089_s

蓮はまだこれから見頃になりそうなのが多かったです。

7D2_5152_s 7D2_5167_s 7D2_5216_s


勧修寺はいつ来ても空いていて、ゆっくり撮影できるから好きです。

7D2_5459_s 7D2_5466_s 7D2_5543_s

勧修寺のアジサイは青色だけでしたが、三室戸のアジサイより元気でした(笑)


結局、写真展のネタが撮れたか・・・う~む。いずれにしろ上にアップした写真は選外です(笑)


久々にcanonのEOS系を持っていき、さらに久々のEF28-70㎜2.8Lを付けて覗いたら・・・あれ?このレンズにフォギーフィルター付けていたっけ?それとも俺の目がおかしくなった?という感じで、外して覗くと、曇っているじゃないですか。

15年以上前のものなので最新のデジカメには今ひとつかも知れませんが、一応、赤鉢巻きのLレンズなのでダメになったのは悲しい。

ネットで探すと修理してくれそうなところもあるようだが、新型で程度の良さそうな中古を探す方がベターか?

2015年6月24日 (水)

写真展予告

写真展の予告です。

今年も写真好きのネット仲間で写真展「豊楽会第十四回作品展」を7月18日~25日、大阪駅前第二ビル5階の大阪市総合生涯学習センター ギャラリーで開催します。

今回は17名で55作品が展示されます。

2015DM_N_s

MAP2015_s

暑い時期ですが、お時間があればぜひお越し下さい。

まだ、作品が決まらない(^^;

2015年6月13日 (土)

布引の滝、布引五本松ダム散策

あるポイントが貯まったので、お食事券と引き替え、たまには違ったところで食べよう。と妻を誘って新神戸駅近くへランチに出かけました。

DSC01803_s DSC01804_s DSC01810_s DSC01816_s DSC01808_s

高層ホテルの34階なので景色は良いはずなのですが、席の位置が今ひとつだった感じもある? もっとも、今日は曇っていたので海の方は霞んでいましたが。
お昼から日本酒の利き酒セットを飲んで満足(^^;

お腹もふくれたので、腹ごなしに歩くか・・・と言うことで、布引五本松ダムまで散策することにした。

FX308875_s FX308886_s.xnbak FX308905_s FX308907_s

まずは“雌滝(めんたき)”と“猿のかずら橋”。四国にある“祖谷のかずら橋”に似せて装飾したものですが、景観上は良いでしょうね。
仕事柄、この橋を点検する人は大変だろうな・・・って思うが(^^;

DSC01874_s DSC01878_s DSC01877_s DSC01866_s

そして“雄滝(おんたき)”と“夫婦滝”です。歩くと暑いが、マイナスイオンを浴びて気持ち良いです。
途中に“鼓ケ滝”がありますが、木に遮られてよく見えないので、写真は省略(^^;

手持ち撮影でシャッター速度は1/3ですが、この程度のサイズにリサイズすれば、手ブレはわからずなんとかなってますね。

DSC01879_s FX308909_s FX308914_s FX308915_s FX308936_s
“五本松かくれ滝”過ぎて“布引ダム”まで歩いて本日の散策は終了。おっと、正式には “布引五本松堰堤”だな。

いつか、デジイチと三脚を担いで来てみるかな。・・・紅葉は綺麗なんだろうか?


FX308948_s新神戸駅まで戻って、アイスコーヒーでクールダウンしましたが、ビッグサイズでビックリした。

2015年6月 7日 (日)

浅田 次郎 (著)「一路」

book0605 書店の平積みで見かけて、およそ半年ぶりに浅田さんの本を読んだ。

上巻・下巻に分かれた長編ですが、帯には「ドラマ化決定」とあるし、浅田さんの本なら下巻まで一度に購入しても大丈夫だろうと決めつけて購入。

幕末間近で形骸化していたであろう参勤交代を舞台にした物語。


同じ浅田さんの「壬生義士伝」ほどのシリアスなものではないが、主人公の小野寺一路、大うつけの?殿様こと蒔坂左京太夫、そして馬や鯉まで含めた全ての登場人物1人ずつに味があって面白い。・・・おっと、馬や鯉は人物とは言わないな(笑)

長編であってもさほどダラダラしたところはなく、映画“超高速!参勤交代”を思い出すような、時にハラハラしながらも面白い展開。

中山道の宿場のいくつかは個人的にも懐かしい地名なので、色々と当時を想像しながら楽しめました。

“参勤交代之御行列ハ行軍也”などと書かれた「御供頭心得」なる古文書はどこかに似たモノが存在し、それを詳しく調べて作り上げた作品だろうと思っていたが、浅田さんの創作とのこと。さすが浅田さんですね。

「一生懸命」ではなく「一所懸命」なのか、なるほどねぇ~。 7/31からのドラマが楽しみ。忘れないようしなくては。

2015年6月 6日 (土)

PANTOで妙見山モーニングライド

天気が良くなる・・・と思ったので、午前中だけひとっ走りしてこようと久々にPANTOのペダルを踏むことに。

朝食時はまだ、雲が残っているが、出発準備をしている頃には陽が射してきたので、今はちょっと気温は低めだが、これから上昇するんだろうから、ウエアはこれで良いだろうと少し薄めのもので走り出す。

まずは五月山へ向かいます。青空も見えてきて、まずまずでした。

DSCF0954_s DSCF0951_s DSC_0005_s

日の丸展望台までノンストップで上る予定が、雨上がりで綺麗だったから、秀望台でストップして写真撮影したのち、日の丸展望台で一休み。

ここまでは良かったのですが、五月山の頂上を超えて、箕面川ダム辺りまで来た頃には青空が見えなくなり、曇ってきた。こんなはずじゃなかったんだが・・・と思いながらペダルを踏みます。

高山で小休止して、スマホで雨雲レーダーを確認するが、雨雲はない。何とか大丈夫か?その割には、弱いながらも雨を降らせそうな雲にも見える。

悩んでいても仕方が無い。強い雨は降らないのだろうという結論に達し、妙見山へ向かうが、高山からの下りは、さむぅ~。身体が一気に冷えた。

おかげで?妙見山の上りもさほど汗をかかずに済んだが、頂上で休憩していたら、小雨というか霧雨というかポツポツしてきた。
ゆっくりしていると身体が冷えきってしまうので、サッサと帰ることにしました。

DSC_0009_s DSC_0012_s
気温は低めと言っても、上りきったときは水分補給したいので、今回は桜川サイダーをチョイス。

この後、やっぱり下りは冷えました(^^; 真夏でも木陰はヒンヤリする所だから、当たり前か。




本日の走行距離:約52km