フォトアルバム

ブログパーツ

  • ウェザーニュース
  • BMW BLOG RING
    BMW BLOG RING
    [前へ]  [次へ]
    BMW BLOG RING  [Random] 

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« 海月 ルイ (著) 「十四番目の月」 読了 | メイン | 2016年「酒とバラの人々」 »

2016年5月21日 (土)

有川 浩 (著) 「植物図鑑」 読了

20160521有川さんの本は何冊目だろう?何だかんだでそれなりに読んでいるはず。 やっぱり、面白いですからね。

さて、この本は以前「三匹のおっさん ふたたび」を読んだ際に、ネット仲間の岩ちゃんからコメントをいただいて一度読んでみようと思いながらも、先送りになっていたのですが、どうやら映画化されるようなのでその前に読んでしまうことにした。
おっと、「高畑充希」のファンという訳ではないですが(^^;

独身の女性が、空腹で行き倒れに近い状態の見ず知らずのイケメンを拾って同居させるというあり得ない?設定で始まるが、まぁ、それは小説だから良しとしましょう。

この同居を始めたイケメン男がやけに雑草に詳しい。しかも、名前を知っているだけではなく、その食べ方も詳しい(笑)

もっとも「雑草という草はないんですよ。どの草にも名前はあるんです」というのは有名だが。

序盤の部長との外回りのシーンで、この男性が突然消えていくことは分かるのだが、それはいつなのか、その理由は?そして、ラストはどうなるのか?と思いながら読み進める。

まぁ、少々メルヘンチックで、若い女性向けかな?とも思うが、私のような年代が読んでもなかなか良かったと感じた。
個人的にはカーテンコールの「午後三時」がいいな。

まぁ、これを見に行くのはちょっと恥ずかしいから、映画館まで足は運ばないでしょうが、TUTAYAに出回ればレンタルしそう(^^;

「空飛ぶ広報室」も文庫化されたので買っちゃった。楽しみです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348581/33832543

有川 浩 (著) 「植物図鑑」 読了を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿