フォトアルバム

ブログパーツ

  • ウェザーニュース
  • BMW BLOG RING
    BMW BLOG RING
    [前へ]  [次へ]
    BMW BLOG RING  [Random] 

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« 何処へ引っ越すか。 | メイン | 熊川宿、マキノ高原温泉ツーリング »

2016年11月 4日 (金)

網干から赤穂ポタリング

昨日(11/3)の記録です。eoblogが終わっていくので引っ越し先を決めなくてはと思いながらも記事が溜まっていく(^^;
読み終えた本の記録も書かねばと思っているのに・・・

そんな話はさておき、昨日の記事ですが、『天気も良いので、久々に輪行してポタリングしてくる』と妻の了解を得て(自分で決めたことを一方的に伝えているだけと言う話もある・・・?)朝から、出かけました。

本当は湖西線の堅田まで輪行して鯖街道のアップダウンを軽く流したかったのですが、前夜まで待っても北上すると天気が今ひとつ悪そうなので、急きょ、播磨方面を走ることにした。

毎年、牡蠣の買い出しで行くところなのですが、軽いアップダウンもあって天気が良ければ自転車で走っても気持ちよさそうなコースだなぁ。一度走りに来たいなぁ。と思っていたところです。


DSC04594_s自宅を7時に出ましたがさすがに冷えるので、一番近い"北伊丹駅"から輪行することにした。
久々の輪行なので、袋詰めの出来栄えが今ひとつでバランスが悪くて自立してくれない。
スプロケットカバーも入っていなかったし・・・あぁ情けない。チェック不足だな(^^;


尼崎で乗り換えた新快速の車両は、運悪く2名の輪行者や大きな荷物を持った運動部らしき女子生徒が数名乗っていて狭い場所になってしまい、他のお客さんに恐縮しながら立っていました。

それでも、三宮辺りを過ぎれば徐々に空いてきて、輪行バックを邪魔にならないところに結びつけて座ることができました。


DSC04597_s9:20頃に網干に到着後、自転車を組立てポタリング開始です。揖保川に出るまではガーミンのナビに頼りましたが、後は川沿いに南下しR250へ出ます。
 
ここからは勝手知ったる道(と言うより一本道)なので西へ。


DSC04599_s DSC04605_s DSC04603_s
折角なので、世界の梅公園へ上がることにした。以前、車で来たときはもう少し、坂がきつかったような記憶だったが、こんなものだったっけ?と残念(^^;

大した勾配では無かったと言えども、途中でマイクロバスに抜かれた。そして頂上へ着いたら、そのバスから降りてきた、おばちゃん(おばあちゃん?)に背後から「えぇ~、もう上ってきたの?。途中止まらずに上ってきたの"?ボク"」って言われ、「ボクって年じゃないけど、途中で止まってませんよ」と言うの同時に「あれぇ~"ボク"じゃ無かった」って笑っていた。

ヘルメットとサングラス、サイクルウエアの後ろ姿だったら、オレもまだボクで通じるんだなぁ~と、ニンマリ納得して下ります(笑)

DSC04611_s DSC04608_s DSC04612_s DSC04613_s
「道の駅みつ」で写真だけ撮って、先へ進み、まだ11時を少し回ったところでしたが、おなじみ『堀市』で昼食を済ませることにした。
まだ、牡蠣シーズンじゃないのでワタリガニの味噌汁にしたが、美味かった(^^;

DSC04620_s DSC04623_s DSC04628_s
2016-11-03_123103-_SO-01F-DSC_0528_s DSC04643_s DSC04653_s DSC04659_s
相生火力発電所の前を通って、坂越でソフトを食べようかとも思ったが、ちょっと気温が低いのでパスして赤穂へ。


DSC04663_s DSC04667_s DSC04675_s DSC04691_s DSC04701_s
DSC04681_s DSC04679_s DSC04685_s DSC04671_s DSC04707_s
時間が中途半端になってしまったが、風もそれなりに出てきて気温も下がり気味なので"播州赤穂駅"から輪行して帰ることにした。




本日の走行距離:約50km
いつもの妙見山より距離は短いくらいだし、勾配も大したことなかったので楽勝でしたが、いつもと違うところを走るのは楽しいな。

この辺りまで来るには輪行に頼ることになるが、時間が掛かるのが玉に瑕か。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/348581/33997946

網干から赤穂ポタリングを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿