フォトアルバム

ブログパーツ

  • ウェザーニュース
  • BMW BLOG RING
    BMW BLOG RING
    [前へ]  [次へ]
    BMW BLOG RING  [Random] 

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

カテゴリ「FELT」の記事 Feed

2013年1月26日 (土)

FELT から CARRERA へ

DSC02443_s DSC02450_s

とうとうと言うか、やっとと言うか、エントリーモデルだったFELTを卒業し、カーボンのロードバイクにしました。と言っても、そっくり買い換えるには勿体ない(お金が足らないとも言う)ので、105のコンポーネントイーストンのホイールなどは流用ですけどね。

最初は見た目が好きなクロモリの MASIDE ROSA にしようかなぁ~と考えていたのですが、DE ROSA は予算オーバーで今回は見送り。

それなら MASI にするか。・・・と悩んだのですが、ミニベロではあるがクロモリは PANTO を持っているし、今回は上り坂が少しでも楽になるカーボンにしようと方針変更。ネットや本屋の自転車雑誌を立ち読みで(^^;調べて注文。(今回は・・・って強調しているのは気のせいかなぁ(^^;)

購入したのは CARRERA の NITLO SL です。 ブログなどでもそれほど見かけないので、マイナーなメーカーなのかなぁ~。もっとも、あまり同じのに出会わない方が好きだから良いんですが。

DSC02449_s DSC02451_s

色はFELTと同じく白にしました。 決して、買い換えたことが妻にバレないようにした訳ではありません(爆)
DSC02440_s DSC02444_s

今日は風が強かったので、自転車屋さんから自宅まで乗ってきただけで、走ったうちに入りませんが、やっぱり、軽いですね。・・・って当たり前か。

そろそろ、全体写真も載せておこう。
DSC02445_s 2013-01-13_000_s
エントリー向けだったFELT(右)に比べるとレーシーな姿? ボトルケージなどの小物もちょっと替えました。ロングライドするとき以外はこれにフロントバック付けるの止めておこうっと。
どちらの写真も普通の靴で自転車屋さんまで走るために、スピードプレイのペダルにプラットフォーマーを付けてあるのでペダル部分がかっこ悪いな。

明日も寒そうですが、今日よりは風も弱そうだし、走ってみようっと。
また、五月山か?(笑) ちゃんと、違いが分かるだろうか?FELTに比べて、少しも時間が短縮しなかったらどうしよう(爆)。

2013年1月19日 (土)

五月山^2.5

先週は謎の体調不良(原因は、直前の広島出張の際に食べた牡蠣にあるようでしたが・・・)に襲われて、自転車に乗れず終いでしたから、今日はしっかり?走ってきました。   
   
六甲山は路面凍結が心配されるので、春の楽しみにとっておくとして、いつもの有馬街道で山のパン屋コースなら日当たりも良いので心配ないか?とも考えましたが、六甲方面を見ると雲が多いので、ホームグラウンドの五月山へ。    
   
五月山の後は久々に猪名川を下流へ流そうかとも思いましたが、冷たい風が吹いていそうなのでパスして、もう一本、五月山にしました。・・・なんのこっちゃ、これでは正月明けの走り初めと同じじゃんか。    
   
それなら、違うことをしようと今回は五月山の3本目に挑戦。 オイオイ、どこが違うんだ?自分でも思いますが、ここまで行くとバカですね(笑)    
   
ただし、時間が無くなってきて、3本目は日の丸展望台までで止めましたので、正確には2.5本ですね。高さ的にはもう少しあるが。

DSC02426_s DSC02427_s
 

いつものコースなので写真が同じパターンになってしまう。3本目の下りで六甲方面を見ると、少し明るくなっていました。   
   
   
なんとか上りは全てノンストップで行けました。正確にGPSのLOGを確認していませんが、2本目が一番早かった感じがする。    
   
午前中に完全な3本を終えるには、もう30分くらい早く出発しないとダメだな・・・ってやる気かよ(^^;    
   
   
本日の走行距離:約37km 距離こそ短いが、運動量はそれなりにあったから満足です。

2013年1月 3日 (木)

FELTで五月山2本 ・・・ そして ・・・ 河豚で新年会

正月休みをダラダラ過ごしていると体が鈍るので、ここらで一発、活を入れなくてはと思い、走り初めをしてきました。

今日、妻は用事があって出かけるので「思う存分ロングライドしてきたら・・・」と言われていたのですが、晴れてはいるが寒さが厳しそうなので、折角のチャンスだったのですが、いつもように50km程度で済ませることにしました。

ちょうど一年前の今日、六甲山へアタックしていましたので、今年も・・・と頭を過ぎりましたが、今日の気温だと路面凍結が少々心配だったので近場の五月山にしました。

いつもなら日の丸展望台へ立ち寄って、一息ついてから最高点の霊園に向けて走るのですが、今回はノンストップで頑張ります。

五月山だけではショートすぎるので、猪名川を流そうか?とも考えましたが、 なかなか気温が上がらないから、少し汗ばんだ体が冷えてしまうだろうと思い、一望台まで下りてから、もう一本、五月山を上ることにしました。 自分で言うのも変ですが、バカですね(笑)

二本目は途中で休憩が必要か?と思いましたが、予想に反してノンストップで上れました。我ながら正月から天晴れ (^_^)v と誉めておこう。

それにしても、青空で日差しもそれなりにあるのですが気温がなかなか上がらず、シューズカバーを着けていても爪先が冷たかった。

DSC02373_s DSC02385_s

念のための説明ですが、この写真は下りの途中で止まって撮っています。

五月山から見える六甲は“今度走りに来い”と言わんばかりによく見えたので、“待ってろ六甲”と言って(笑)から、元旦に入ったカフェでランチを食べて帰宅しました。


標高グラフも綺麗なフタコブになった(笑) 本日の走行距離:約33km
残念ながら距離は短いが、2013年の走り初めとしては、五月山2本ならまずまずか。トリプル五月山なら50km近くになるな。 (^^; オイオイ


午後からは自分へのお年玉?等々色々な用事を済ませ、夕方からは妻と二人で河豚で新年会?をしてきました。 正月休みしてるなぁ~

DSC02403_s DSC02404_s DSC02407_s

やっぱり、ひれ酒は美味しい。 雑炊も最高! 飲んで食って・・・五月山で消費したカロリー以内で終わっただろうか?

2012年12月30日 (日)

2012年の記録

2012年も残すところ約1日。

明日は走らないだろうから、自転車の走行距離をまとめるとFELTとPANTOを併せて29日で 1,9362kmですから、1日当たり約 67kmか。
昨年が 2,332km一昨年が 2,505kmなのでどんどん短かくなっている。
(GPSを付けずに行った近くのHIROや自転車屋までの距離は入っていませんが、誤差の範疇でしょう)

GPSのログを全部表示すると赤線がFELT、青線がPANTOです。同じコースを何度も走っているので線が重なっている。大阪近郊を拡大しても分かりづらい。 新しいコースを開拓せねば。

2012_bicycle 2012_bicycle_2

来年は日本海まで or ビワイチ or アワイチのロングライドをしたいが・・・。


さて、自転車からオートバイに話を変えてRTの記録を見ると・・・走った広さは自転車に勝っているが、昨年に同様、あまり乗っていない。今頃気づいたが、今年は珍しく東へ攻め込んでいないな。
2012_RT 
泊まりのタンデムツーリングをもっと増やさねば、自転車のビワイチやアワイチは夢と消えるな(笑)

2012年12月24日 (月)

寒さに負けず、有馬街道へ

今日は(今日も?)寒いが、懲りもせずFELTで有馬街道を走ってきました。

今日のような寒い日でも、上り坂では汗ばむくらいに温まります。その代わり、下りは速度を控えめにしてもかなり冷えます。
ユニクロのダウンを着たり脱いだりしているが、下りはこれを着ても冷えきるので厳寒用のアウターが欲しいくらい。とは言え、上り坂では邪魔になるし、難しい問題だ。

223_s 2012-1224-122706662_s
2012-1224-122316211_s 2012-1224-122338943_s

いつものように山のパン屋へ。到着したときは、上り坂でかなり温まっていたが、気温が低いので、薪ストーブの近くに座って、体が冷えないようにトマトスープを飲みながら小休止。

いつもなら、有馬温泉経由ですが日陰が多いので、万一、凍結していたら?と考えて今日は止めておきました。

宝塚まで戻ってきて、まだ時間もあるし、距離が短いので、久々に武庫川を流して距離を伸ばそうかとしましたが、今日は宝塚ハーフマラソンが開催されていたので残念ながら帰ることに。
池田まで戻って、猪名川をちょっと流して、何とか50kmは確保した。


このあと、ちょっと頭に来たことが・・・

猪名川の堤防道路の真ん中辺りを散歩している人が居たので、右側から抜こうと思っていたとき、後ろからブーンって音がするが何だ?と見たら、ミニバイクが接近してきて、私のさらに右側から抜こうとしている。

ウソだろ?散歩している人の右側には安全な間隔を確保しながら自転車とバイクが一緒に抜けるほどの十分な空きは無いぜ。
どうして、ほぼ一緒のタイミングで抜こうって考えるんだ? その前に、この堤防道路はバイク通行禁止だぞ。

瞬間的に私がブレーキかけて、後輪がロックしながらも人に当たらぬ前に何とか人の左側へ回って抜けた。 後輪ロックで少し横滑りしただけで、転けずに済んだし、人にも当たらなくて良かったが、ミニバイクは何食わぬ顔して散歩している人の右を抜いて行った。クソったれがぁ~(怒)。


帰宅後、気分を変えて、X'masケーキを食べました。

DSC02290_s DSC02291_s DSC02300_s

ちょっと今年のは甘さが強かったかな。

2012年11月 4日 (日)

大ケヤキ~紅葉峠~日吉ダム スピードサイクリング

 今日は私にとって、なかなかハードでしたが、色々刺激になったサイクリングの一日でした。・・・と言うことで記録です。
 8月にPANTOで妙見山へ走ったときに出会ったアラーキーさんからサイクリングのお誘いを受け、ロードバイク4台で走ってきました。(下の写真は、左からアラーキーさん、ふぁーすとさん、フクイさんです。・・・って小さくてわからないか)

L1050298_2_s


















 

 野間の大ケヤキに9時集合。 大ケヤキから自宅へ帰ったことはあるが、あれは下りコースなので、上りだったら・・・きっと、1時間ちょいで走れると思うが、早めに出発準備もできたので余裕を持って、7時20分頃に出発。

 さすがに朝は寒い!! 特に日陰の空気が冷たいが寒さに負けず走って、大ケヤキに8時30分に到着。 自宅から1時間10分か、今後のためにも (._.) φ メモメモ  話は変わるが、ここのトイレは朝早い時間は使えないのは残念です。

_sl1050262 _sl1050266








 

 写真右のように今日は天気も良く、絶好のサイクリング日和です。

 
 
 暫くして、初めてお会いするフクイさんが到着し、少しお話ししていたらアラーキーさんとふぁーすとさんが到着。 しばし?歓談タイム(笑)。 平地であれば35km/h巡航可能と聞いて、げぇ~生半可なことではついて行けないぞと気合いを入れて走る。
 亀岡・千代川のサンクスで小休止。最初からかなりのペースなので最後まで足が持つか少々心配しながら、気持ちの良い水鳥の道を走って本日のメインイベント“紅葉峠”へ登りますが、初めて走る峠越えはどこまで続くか分からないので辛いっす。
 
 展望台で小休止する。見晴らしは良いけど、肝心のモミジは・・・(笑)? 残念ながら展望台からも約1km上りが続く。これもきついっす。

_sl1050269 _sl1050281










 紅葉峠を下り、宇津峡経由で桂川右岸で日吉ダムへ向かう。下りなら良いが、前を走るアラーキさんとふぁーすとさんに僅かな上り坂で離されるweep。 かなり足に来ているなと思いながらも、12時頃なんとか日吉ダムへ到着。
 
 ダム天端へ到着して小休止して、綺麗な紅葉も楽んで12時20分頃に“スプリング日吉”へ下りて昼食ですが、紅葉シーズンで天気も良いからか、自転車もオートバイも一杯で混んでました。
_sl1050294 _sl1050289_sl1050292_2













 
 昼食を食べてからも結構長い時間歓談し、大ケヤキを目指します。 お昼の休憩でかなり回復したような気がしましたが、暫く走るとまたしてもアラーキさんとふぁーすとさんの速度について行けません。
 後ろからフクイさんのプレッシャーを受けながら必死になってペダルを回しますが、上りになったら相当なスピードダウン。あぁ~情けないcrying
 
 なんとか、足を騙し騙し走って大ケヤキに15時40分頃到着。 しばらく休憩・歓談して“お疲れ様でした”と解散し、残り約20kmの自宅を目指します。概ね下りですが、時々現れる上り坂に必死で戦い、途中のコンビニでトイレ休憩して17時20分頃に無事帰宅しました。

 やっぱり、毎日のように3本ローラーで鍛えている方について走るのは無謀だったかも知れない(爆)  いかに、日頃、ソロでチンタラ走っているかよく分かり、良い刺激になりました。
 もっと軽い自転車にしなくては・・・と思いたいが、その前にもっと鍛えないとダメですね。


 アラーキーさん、ふぁーすとさん、フクイさん。本日はありがとうございました。
 
 本日の走行距離:約126km  ルートラボにはGPSのデータが8000個までしか登録できないので、大ケヤキ~紅葉峠~日吉ダム~大ケヤキの約87kmしか載せていません。
 
 

2012年10月27日 (土)

FELTで有馬街道トレーニング

 昨日、曽爾高原を散策した日記をまだ書いていないが、先に今日の日記を書いてしまおうっと(^^;

Dsc01720_2_s










 明日は天気が悪く自転車に乗れないと思うので、昨日、曽爾高原でかなり歩いたが今日走ることにしました。
 
 途中で昨日の疲れが出ると困るので軽めにしておこうと、有馬温泉は経由せず“山のパン屋”さんへ直行。
 写真の手前に写っているBMW写真はお店のオーナーのBMWだと思います。
 

Dsc01718_s




















  
 ホットコーヒーを飲みながらあんパンを食べて一休みするが、昨日の疲れも出ていないし、まだ時間も早いのであんパンのカロリーを消化しようと船坂小学校前から県道82号線で西宮市側へもう一山(峠)を越えることにしました。
 
 このルートはかなり前に走ったことがあるが、六甲ミツバチハニー農場付近の坂は相変わらずきつい。 あのときは途中で一休みしたはずだが、今回はなんとかノンストップで登り切れました。
 
 
 
本日の走行距離:約50km 逆回りも手強そうなコースだが一度チャレンジしてみよう。
 

2012年10月 7日 (日)

五月山~妙見山トレーニング

 3連休の2日目。もっと天気が良いのかと思ったが・・・何となく天気予報にだまされている感じ。 それはさておき、いつものように午前中だけ自転車でトレーニングです。
 
 出発時点では気温も低めなので、五月山を上ってもそれほど大汗をかかないだろうと思って久々にアタック。
 たしかに滝のような汗ではないが、上っているときはそれなりに暑い。 その代わり、日の丸展望台で休憩しているときは気持ちが良い。
 
 さて、この先は代わり映えしないが、箕面川ダムから高山経由妙見山か・・・。と走っていたら、上り坂で自動車が後ろからゆっくり近づいてくる。
 左端へ避けているのにさっさと抜いていかない。なんだこの車は?と思っていたら窓を開けて“すいません”と呼び止めさせられた。
 
 一体、何事だろうと思って止まって“はい?”と言うと、“ちょっと良いですか? ○○へはどうやって行くのですか?”だって。
 
 げぇ~~、急坂じゃ無いにしろ、上り坂で止めないでよ。ペースが狂うでしょ・・・って威張るほどのペースで走っていないが(笑)
 
 聞かれた行き先は詳しくは知らないところでしたが、きっとあの辺りだろうと思う道順を教えしたが“ナビがぐるっと回る表示がされているので・・・”だそうです。そんなこと私に言われてもなぁ~。  そして車は楽々と坂道発進して行ってしまった(笑)
 
 箕面川ダム近くで猿が出迎えてくれた。 そういえば、以前にもここで猿をたくさん見かけたのはこの時期だったかな。
 襲ってくることはなさそう・・・と言うより、貧乏ローディーと見破られ、食べ物を持っているようには見えなかった?(笑)
  
 そしていつものコースに入って妙見山へ。 到着した時は気持ちよかったが、能勢ジンジャーエールを飲んで一息ついていたら、曇ってきて雨がパラパラし始め気温も低下。
 スマホを見る限り雨のエリアは大したことないが、ウィンドブレーカーを着て最短コースで帰宅することにした。 

121007_20_15_56_s






















 右上のオス猿は、何いじってんだよ。そんなとこ引っ張るなって(笑)

  
 

 本日の走行距離:約51km

2012年9月17日 (月)

妙見山ポタリング

120916_21_25_48_s 

 昨日分の記事です。  14日(金)、15日(土)の二日間はRTでタンデムツーリングしていましたので、少し朝寝をしていましたが、天気予報では17日(月)の方が悪い感じでしたので、FELTで軽く走ってこようと思って11時頃から性懲りもなく妙見山へ。
 
 陽が当たるとまだ暑いが、さすがに以前よりは弱くなっている感じ。 走っていても真夏の頃ほどバテて来ません。
 
 台風の影響だろうか、風が吹いて気持ち良い。時折、向かい風になるのは困るのだが(笑)
 
 いつものように箕面駅方面から、箕面川ダム~高山~豊能へ。R423の金石橋交差点の信号でストップして、水分補給をしようとシートチューブのドリンクに手を伸ばすと・・・右手が空を切る。
 うん?と見るとボトルゲージからドリンクが消えている。
 
  はて、最初から持って来なかった? もしかしてアルツか? そんなことはない。箕面ビジターセンターのところで休憩した際には飲んでいるのは覚えているから。
 
 高山からの下り坂で路面の段差で跳ねた時に落ちた? 軽快に下りすぎたか? 自転車用のドリンクボトルじゃなく、保冷機能の高いサーモスのボトルだからボトルゲージから抜けやすいのが難点。(POLARボトルでも夏場はすぐに生温くなるから嫌いなんです)
 
 さて、どうしようかと30秒ほど悩みましたが、どこへ転がっていったか判らないだろうから、探しに上って行くのはやめました。こういうことは諦めが肝心。と言うより、折角、降りてきた道を上る気にならないだけか(汗)
 
 ダウンチューブに付けてきたボトルがあるから、妙見山へ上るのは大丈夫です。こっちはTOPEAKのModula Java Cageなので少々跳ねても大丈夫。少々かっこ悪いですけど、実用本位で使っています。
 
 ・・・と、ここまで書いて、今更ながら考えると、ビジターセンターで飲んだときに腰掛けていた石の横に置いた覚えは確かにあるが、それをちゃんとゲージに戻した記憶が・・・。 やっぱりアルツか?(涙)
 う~む、下り坂で跳ねて無くなったことにしておこう。 それが一番丸く収まる(爆)
 
 
 こんなことをいつまでもクヨクヨ引きずっていてはいけないので、話を変えよう。 ボトルを取りに戻ろうかと高山方面を振り返った際に空を見ると、やけに暗い。
 
Screenshot_20120916121412_3  えっもしかして雨? とスマホを取り出して確認すると確かに降っているようだ。 妙見山方面は青空なんだけど、こっちへ来るのだろうか。
 
 今日はここで諦めてR423で戻るか、それとも頂上へ逃げ切るか。(下り坂ならいざ知らず、頂上へ登る前に追いつかれる可能性が高いのに、ワイルドだぜぇ~)
 
 終盤で少し降られるかも知れないが、頂上を目指そうと腹を決めて上り始めます。予想より早く通り追いつかれたのか、途中でパラパラしましたが程なく雨が上がり、頂上へ着いたときには青空でした。
 雨雲が追い越していったと言うより、雨雲が弱くなっていったようでした。
 
 雨から逃げるぞ!という思いもあったせいか、今までで一番早く上れた?気がする。
 頂上で一休みして、柚子サイダー2本をお土産に買って帰宅しました。
 
 
 それにしても、今日はいつもの妙見山より楽だった。やっと、慣れてきた?  気温も落ち着いてきたので、次は久々に六甲山か。
 
 本日の距離:約52km

2012年9月 2日 (日)

コウノトリチャレンジ無事完走しました

 本日開催されたコウノトリチャレンジライドin但馬を無事完走しました。 なかなかハードなコースでしたが、楽しめました。

 朝7時30分に開会式が行われ、8時過ぎにスタートし、約110kmを走って14時40分頃ゴールしました。
 
 ちょっときつい坂が何度かでてくるコースをこの時間で走りきったので十分満足です。 とりあえず、簡単に写真をまとめてみました・・・エイドステーションの食べ物ばかりか(笑)
T__120902_21_09_21
 
 こうした大会に参加したのは初めてですが、楽しいですね。やみつきになりそう(笑)  スタッフの皆さんならびに沿道で応援していただいた地元の皆さんありがとうございました。
 
 明日は夏期休暇を取っていますので、城崎温泉にもう一泊してから帰ります。
 GPSのログも含めた記録は帰阪してからにします。